« インターネット時代のCOBOL活用セミナーって・・・ | トップページ | 裏の方の日記も更新 »

2004年7月13日 (火曜日)

テクニカルエンジニア(ES)撃沈

そう言えば、春試験の結果どうだったんだろう?と思って、
情報処理技術者試験センター:合格発表・成績照会
を覗いてみました。

こんな有り様でしたから、 落ちてるは分かってたのですが(^^;、 今回から採点結果が分かるようになったので、 取り敢えず、点数ぐらい見てやろうという事で。(^^;

結果は、下記の通り、惨敗です。_| ̄|○
ちなみに、スコア分布は、ここ

午前ぐらいは通りたかったなぁという感じはするけど、 散々だった午後Iの解答を採点の人に見られてないのは、ある意味良かったかも?(^^;
(でも、午後IIは自信があったので、採点結果を知りたいような・・・。)

まぁ、でも、午前を通るには、私の場合、回路の勉強をしっかりやっておかないとダメぽ・・・。
ソフト屋には、ちょいと壁が高いね。>ES
(ソフトが分かるハード屋ってのは多いけど、それに比べるとハードの分かるソフト屋ってのは少ないよね・・・。)

今回、採点結果を発表するようになったのに伴なって、足切りラインの点数が分かったのは、 次回以降の試験で助かりますね。
それに、解答例も 出してくれるようになったのがありがたいです。
(解答例のPDFファイルは印刷出来ない設定になってるので、とても不便ですが・・・。(T_T))
正式な解答を見れるようになったので、試験前の戦略が立てやすくなったかもしれませんね。

しかし、今回の合格率は、10.2%か。
他のテクニカルエンジニアの試験と比べると、合格率が圧倒的に高いよなぁ。
(逆に受験者数は、圧倒的に少ないですが・・・。(^^;;;;;;)
ほとんど参考書が無い試験なのに、受験するわけですから、 比較的分かってる人が受ける試験なんだよなぁ。
マニアック度の高さから言って、ぜひ合格したい試験ではありますな。(笑)
(社会的には、ほとんど認知されてない試験ですから、 普通の人が取ってもあまり意味が無いと思われます。
受験を考えてる人は要注意。(爆))

平成16年度 春期
情報処理技術者試験 成績照会
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)

--------------------------------------------------------------------------------

受験番号 ES*** - xxxx の方は,不合格です。
午前試験のスコアは,590 点です。
午後I試験の採点結果はありません。
午後II試験の採点結果はありません。

 --------------------------------------------------------------------------------

・合格基準は,午前,午後I,午後II試験の
 いずれも600点です。 
・午前,午後I,午後II試験のすべてが
 合格基準を満たす場合,合格となります。 
・午前試験のスコアが600点以上でない方の
 午後I,午後II試験のスコアは表示されません。 
・午後I試験のスコアが600点以上でない方の
 午後II試験のスコアは表示されません。 
・スコアの範囲は,最低200点~最高800点です。 
・スコアは5点刻みで表示します。 
・欠席された方,受験番号が未記入・誤記入の方,
 受験票に写真をはっていない方,
 30分以上遅刻された方など,
 受験したとみなされない方の“スコア”は表示されません。 
・スコア分布は,ホームページ,
 FAX情報サービスでご参照ください。 

|

« インターネット時代のCOBOL活用セミナーって・・・ | トップページ | 裏の方の日記も更新 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

残念でしたね。
かつてマイコンシステムエンジニア試験と呼ばれていたこの科目は、他の科目と一線を画す領域だったように思います。
出題問題を見ても、他の科目については、なんとなく取り組めそうな内容が並んでいますが、この科目についてはまったく縁遠い印象がありました。

秋は、どうなさいますか?

投稿: ほいほい | 2004年7月13日 (火曜日) 00:53

ほいほいさん、コメントありがとうございます。

秋は、プロマネを受ける予定です。
プロマネ受験5ヵ年計画の2年目です。

プロマネの方は、簡単には受かりそうにないので、
のんびり受験の予定です。

投稿: PSV | 2004年7月13日 (火曜日) 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/955146

この記事へのトラックバック一覧です: テクニカルエンジニア(ES)撃沈:

« インターネット時代のCOBOL活用セミナーって・・・ | トップページ | 裏の方の日記も更新 »