« [睡眠時間のログ] | トップページ | 体力作り日記 »

2004年9月10日 (金曜日)

プロマネのお勉強(6日分)

毎度お馴染みのココより。


【問題 5】 ソフトウェアの原価の特徴として、適切なものはどれか。
ア.原価計算方法てしては、個別原価計算よりも総合原価計算が多く用いられている。
イ.自社内要員を中心に開発する場合の原価は、材料費、労務費、経費から構成されるが、このうち経費が最も多い。
ウ.ソフトウェア開発の受注獲得のために要したプロポーザル費用は、販売費ではなくプロジェクト原価に含めることができる。
エ.ソフトウェアの規模と発生する原価との間には、比例関係が見られる。

あなたの答え:
正解:エ


【問題 2】 非同期伝送方式に関する記述として、正しいものはどれか。
ア.受信側は、送信側から送られてくる同期用のビットパターンを常に監視しており、これを受信すると次のビット以降をデータであると判断する。
イ.送信側が各文字の前後に付加するビットによって、受信側は、文字の始まりと終わりの位置を知ることができる。
ウ.送信側は、データの中に同期信号を含めて伝送し、受信側では受信情報から同期信号を抽出する。
エ.伝送するデータがないときでも、常に一定のビットパターンを伝送路に送り出すことによって、送信側と受信側のタイミングがとられる。

あなたの答え:イ
正解:イ

【問題 5】 WANを介して二つのノードをダイアルアップ接続するときに使用されるプロトコルで、リンク制御やエラー処理機能をもつものはどれか。
ア.FTP
イ.PPP
ウ.SLIP
エ.UDP

あなたの答え:イ
正解:イ

【問題 9】 問題の構造とデータの流れに注目してプログラムの構造化設計を行う場合、適切な順序はどれか。
a 最大抽象入力点と最大抽象出力点を基準に、問題の構造を源泉(source)部分、中央変換(transform)部分、吸収(sink)部分に分割する。
b 主要な入力データと出力データの流れを明らかにする。
c データフロー図を描く。d 問題の構造の概観を明確にする。
ア.b→d→c→a
イ.c→b→d→a
ウ.d→b→c→a
エ.d→c→a→b

あなたの答え:ウ
正解:ウ

d 問題の構造の概観を明確にする。→ b 主要な入力データと出力データの流れを明らかにする。 →c データフロー図を描く。→ a 最大抽象入力点と最大抽象出力点を基準に、問題の構造を源泉(source)部分、中央変換(transform)部分、吸収(sink)部分に分割する。


【問題 3】 .ラウンドロビン方式のタスクスケジューリングに関する記述として、正しいものはどれか。
ア.CPU資源を一定時間ごとに各タスクの優先順位に従って割り当てる。
イ.一定時間ごとにタイマ割込みを発生させ、実行可能の待ち行列の先頭のタスクに強制的に切り替える。
ウ.なんらかの割込み事象が発生した時に、直ちにタスクが起動される必要のあるリアルタイムシステムに適する。
エ.マルチユーザを対象としたOSには適さない。

あなたの答え:イ
正解:イ

【問題 8】 24時間連続運転しているコンピュータシステムがある。最近の30日間で2度のシステムダウンが発生した。それぞれ11時間後、及び5時間後に修理を完了し、 いずれもその1時間後に稼働を再開している。このシステムの稼働率はどれか。
ア.0.933
.0.975
ウ.0.978
エ.0.997

あなたの答え:イ
正解:イ

稼働率 A=MTBF/(MTBF+MTTR)

【問題 9】 構造化分析におけるデータフローダイアグラムに関する記述として、適切なものはどれか。
ア.機能上の要求を幾つかの単位に分割して、その単位間のデータの流れを表す図である。
イ.システムの取り得る状態を円で表し、ある状態から次の状態への遷移を矢印で表す図である。
ウ.処理対象のデータや処理の流れ及び使用する装置などを表す図である。
エ.レコードを長方形の箱で表し、各レコードの関係を矢印で表す図でである。

あなたの答え:ア
正解:ア

参考ページ:
データフローダイアグラム(DFD)→ データフロー図 (DFD) の概要(アジャイルモデリング(AM)公式サイト)


【問題 8】 売れ筋商品分析において、重点管理商品を決めるためのABC分析手法に関する説明として、適切なものはどれか。
ア.一定の経線と緯線で地域を格子状の区画に分け、様々なデータ(人口、購買力など)で、より細かに地域分析をする手法である。
イ.単品の販売金額又は粗利益金額などを高い順に並べ、その累計比率を階層に分ける。高いランクにある商品の販売量の拡大、又は低いランクにある商品の販売量の縮小を図るための分析手法である。
ウ.何回も同じパネル(回答者)に反復調査する。そのデータで地域の傾向や購入層の変化を把握する分析手法である。
エ.複数の調査データを要因ごとに区分し、集計・分析する。関連販売力の分析や同一商品の購入状況などを分析する手法である。

あなたの答え:
正解:イ

ABC分析手法→ABC (activity based costing)/活動基準原価計算


【問題 2】 発生した故障について、発生要因ごとの件数の記録をもとに、故障発生の上位80%を占める主要な要因を明確に表現するのに適している図法はどれか。
ア.散布図
イ.デシジョンテーブル
ウ.特性要因図
エ.パレート図

あなたの答え:エ
正解:エ

パレートの法則 (Pareto's law)

【問題 9】 ホワイトボックステスト法によってプログラムをテストするとき、テストの網羅性の低い順に並べたものはどれか。
条件A すべての実行経路をテストする。
条件B すべての実行文を実行する。条件C すべての分岐点における、すべての分岐を実行する。
ア.A、B、C
イ.A、C、B
ウ.B、C、A
エ.C、A、B

あなたの答え:イ
正解:ウ

<網羅性 低> 条件B すべての実行文を実行する。→ 条件C すべての分岐点における、すべての分岐を実行する。→ 条件A すべての実行経路をテストする。 <網羅性 高>

【問題 10】 キーの値が互いに異なる4,000個の要素が、キーの降順に整列された表がある。この表を与えられたキーによって2分検索して、該当するキーの要素を取り出す操作を行う。このとき、キーの最大比較回数は何回か。ただし、該当するキーは必ず表中にあるものとする。
ア.10
イ.11
ウ.12
エ.13

あなたの答え:ウ
正解:ウ

二分探索のアルゴリズムを知ってて、
2^10=1024
2^11=2048
2^12=4096
2^13=8192
ぐらいを覚えておけば、簡単に分かるのではないかと。
コンピュータをやってる人なら、2の10乗が1024というのは、絶対に覚えてるハズなので大丈夫でしょう。多分・・・。(^^;

計算で出すなら、次のようにやっても良いですね。
#!/usr/bin/ruby
include Math;
print log(4000)/log(2);#log_2(4000)
実行結果より↓
log24000=11.9657842846621

【問題 7】 プログラムのレビューにウォークスルーを用いるときの記述として、適切なものはどれか。
ア.プログラマが一人でプログラムリストを追跡し、プログラムのエラーを探す。
イ.プログラマの主催によって複数の関係者が集まり、プログラムリストを追跡し、プログラムのエラーを探す。
ウ.プロジェクトマネージャーとプログラマがペアになって、プログラムリストを追跡し、コーディング規約違反を検出する。
エ.レビュー対象内にあるエラーの発見を第一目的とし、モデレータが会議を主催する。

あなたの答え:イ
正解:イ

【問題 8】 工数が500人日と見積もられた開発プロジェクトを5人で開始したが、開発に遅れが出てきた。あと40日を残すところで、 まだ300人日り工数が必要と見込まれるので、プログラマを増やすことにした。次のような条件がある場合、 予定どおり、あと40日で開発プロジェクトを完了するには、少なくとも何人のプログラマを増やせばよいか。
〔条件〕
(1)最初からプロジェクトに参加しているプログラマのうちの1人が、増やしたプログラマ全員に対して5日間の教育を行う。
(2)作業の再分割のために、更に(0.5a+6)人日の工数が必要となる(aは増やしたプログラマの人数)。(3)プログラマを増やしたことによるその後のコミュニケーションのオーバヘッドは無視できる。
ア.3
イ.4
ウ.5
エ.6

あなたの答え:
正解:イ


人員を増やす為の作業で増える工数は、
教育=5人日
再分割=0.5a+6人日

開発完了までに必要な工数=300+5+(0.5a+6)人日

5人で40日間働いた場合の工数(現時点の持ち工数)=5×40=200人日
人員を増やした場合、追加した人数が実践投入出来るのは、5日後からなので、
a人投入すると、
a×(40日-5日)=a×35人日
の戦力増加

人を増やした場合の総工数=残りの工数
200+(a×35)=300+5+(0.5a+6)
35a-0.5a=311-200
34.5a=111
a=111/34.5=3.217

なので、期間内に開発を終了させるには、4人必要

|

« [睡眠時間のログ] | トップページ | 体力作り日記 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/1404117

この記事へのトラックバック一覧です: プロマネのお勉強(6日分):

« [睡眠時間のログ] | トップページ | 体力作り日記 »