« プロマネのお勉強メモ | トップページ | [睡眠時間のログ] »

2004年9月 5日 (日曜日)

また2ちゃんで晒されたよ。(つД`)

あー、俺、精神病だったのカー。(笑)

潰瘍性大腸炎--外科治療について--
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/body/1094117085/8

8 :病弱名無しさん :04/09/05 17:14 ID:gqbKwhOa
>>7
===踊れ難病!患者===
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/4096/
兵庫医大で手術を受けた鳥のHP。
オペしないのは勇気が無いとか男じゃないとか主張しているうわさの彼です。

~明るい無気力(^_^)~
http://homepage2.nifty.com/p-s-v/
術後トラブルというか調子が悪い様子です。精神病も抱えてます。

2ちゃんねるUCスレの2大嫌われ者決定!って感じですな。(笑)

精神病ねー。
逆に、その診断が出れば精神的に楽になるんだけどねー。(^^;

心療内科には行くことあるけど、その診断は出なかったよ。
(そう言えば、もう一年近く行ってないかもなー。>心療内科
私を診てくれてた先生まだ居るかなぁ~。
たまには行かないといけないかなぁ~。)
仕事で追い詰められて、相当状態が悪い時でも過労による疲労扱いで病名は付かなかったね・・・。
仕事を休みたかったから、診断書を書いてもらおうと思ったんだけど、書いてもらえんかったですよ。_| ̄|○
その後、私がどうなったかは、ご存知の人は、ご存知でしょうけど・・・。(^^;
病名を付けてもらえた方が助かる場合もあるです・・・。

残念ながら、精神病には、そう簡単にはなれないらしいよ。
期待に沿えず申し訳ないねぇ。>俺を精神病にしたい2ちゃんねらーの人

それから、最近は、心療内科に通院しただけで、精神病呼ばわりされる時代じゃないんだけどなぁ~。
随分と古い感覚の持ち主だなぁ。このカキコした人は。
これからの現代病対策は、心療内科と連携して治療するのが重要なんだけどね。


話は変わって、 私の手術後の体調ですけど、普通の生活をする分には、まったく問題ない程度には回復してます。
手術前は考えられなかったような運動も出来てますので、手術をした効果はありましたよ。
ここまで運動に出来るようになるとは、自分でもビックリです。
あの状態から、よくここまで回復したもんだ!です。
テニスが出来るまでになったのは、かなり嬉しいですよ。(^_^)
(テニスでは、まだ思ったようには身体が動かないので、色々とギャップを感じつつやってますけどね。(^^;
UCになる前の事は、すべて忘れて、今の身体に合わせてゼロから組み立てなおしてるような感じです。)

ただ、ちょっとハードな生活をしようとすると難しいですね。
手術後の身体は、無理が利かないです・・・。(つД`)
無理をすると、すぐに身体が悲鳴を上げますね。
無理しないといけない時に、無理出来ないというは、ちょっと厳しい・・・。
(無理しないといけないような事をしなければ良いんですけどね。(^^;
私は、やりたい事が沢山あるので、本来は無理したいわけですが・・・。
頑張って、今は、無理しないようにしてるです・・・・・。
無理しないようにする事によるストレスが発生したりしますが・・・。(^^;)

ですので、ハードなお仕事をしてる人だと、手術後、またその仕事に戻ろうと思うと厳しいかもしれません。

UCの症状がかなり悪くて、日常生活すらまともに出来ないような状態の人でしたら、 手術をすれば、日常生活をするのに問題ないぐらいには回復しますよ。
ただし、UCになる前と同じような元気な生活を取り戻せると思ったら、それはちょっと無理かと・・・。
ですので、その辺をよく理解して、手術に対して過剰な期待を込めずに行えば、 十分満足した結果を得られると思います。

手術後、無理しなくても良いような環境を作れるか?というのがポイントになってくるかなぁ。
これは、家族や職場の協力が必要かもしれませんね。
手術前に、そのような環境が作れるようにする準備が必要になるかもしれません。

そうそう、それから、手術の成功を分ける鍵の一つに、
手術をする前にあまり身体を痛めつけて
弱らせるな!
と言うのがあると思います。

私の場合、UC発覚前の3年間のある仕事のせいで、 精神的にも肉体的にもボロボロになってたのと、 UC発覚後の入院での絶食の繰り返しと1年近くのかなり厳しい食事制限で体力が相当削られたのが、 手術後の体調回復を遅らせた原因の一つだと思っています。

今、必死で体力を付けようと頑張っていますが、一度失った体力はそう簡単には取り戻せません。
ですから、もし、手術をするなら、身体が完全に弱り切る前に手術を決断した方が、 術後の経過は良いと思います。
手術が視野に入ってるUC患者さんは、絶対に体力を落とさないように注意して下さい。

これが、

9 :病弱名無しさん :04/09/05 17:28 ID:7oPBi/JV
そのPSVってホムペ見ると
内科治療してても地獄。手術しても生き地獄って感じだあねぇ。ヤダヤダ。


と言われてしまうような状態になってしまった人間からのアドバイスです。
体調管理をしっかりやって、万全の体調で手術に臨めば、私のような事にはならないハズです。

上記のように、手術後の体調については、手術前の体調によって大きな差が出てしまうように思われます。
実は、手術後の経過の良し悪しは、手術のかなり前から勝負が始まってるんですよ。
ですので、内科治療中の人も手術をする事があるかもしれないと考えて、 十分に注意して身体を大切にして下さい。
(特に直腸は大切に! 手術をしても直腸はある程度残さないといけない部分なので、 ここを痛めると手術後も苦労するかも。
UCを悪化させて、直腸ボロボロという状態にはしないように・・・。
私は、この時点で直腸はかなりボロボロでした・・・。(ノД`)シクシク
いまだにリンデロンを使うような事があるのは、この時のダメージが治りきってないからかもしれない・・・。
しかし、この状況から見て、もし手術してなかったら、私のUCはリンデロンごときでは手に負える代物ではなかったと思われます。
ですので、客観的に見れば、手術をして良かったという事になるハズ・・・。)

2ちゃんにリンクを張ってもらって、UCの外科治療に興味がある人に見てもらえるチャンスなので、 ちょっと書いてみました。
手術を考えてる人の参考になれば幸いです。

|

« プロマネのお勉強メモ | トップページ | [睡眠時間のログ] »

心と体」カテゴリの記事

潰瘍性大腸炎(UC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/1363000

この記事へのトラックバック一覧です: また2ちゃんで晒されたよ。(つД`):

« プロマネのお勉強メモ | トップページ | [睡眠時間のログ] »