« プロマネのお勉強メモ・スコープマネジメント | トップページ | [睡眠時間のログ]腸閉塞気味な感じの苦しさで目が覚めた »

2004年10月30日 (土曜日)

Re:アマチュア無線の思い出などを語ってみます。

「アマチュア無線の思い出などを語ってみます。」
トラックバックです。
で、電波の送受信機関連の話って事で、携帯カテゴリへ。(^^;

私もHAMでした。
(過去系です。今は全然やってません。自宅のリフォームと共にアンテナ(430MHz用)も撤去しました。)
一応、局免は切らさずに更新を続けてます。
気になって、今、局免を見てみたら、有効期限は、
平17.7.1 まで
となってますね。
来年更新の年ですよ。>私
忘れないようにしないと。(^^;
(来年になったら、忘れないうちに秋葉原のロケットにでも行って、 更新の為の書類の用紙(再免許用紙)を買っておかないとね。)

前回の更新の時は、 この入院中でしたので、 知り合いに秋葉原にまで行ってもらって、更新の為の書類の用紙を買ってきてもらったような・・・。(^^;
(当時は、お世話になりました。m(_ _)m>買ってきてくれた方)
それで、病院のベッドの上で更新の書類を書いた記憶があります。
これもHAMにまつわる良い思い出の一つです。(笑)
(あの入院から、もうそんなに月日が経ったのか・・・。(´-ω-`)遠い目)

私は、マイクでしゃべるのが凄く苦手な人だった(^^; なので、 ラグチューでの思い出は無しです。(^^;
ローカルさんと言えば、パケット通信(アマチュア無線でのパソコン通信)の方ですね。
大学時代は、パケットで知り合った方々とアイボールQSO(パソ通でのオフ会)したりして、 楽しかったですよ~。
その頃の知り合い達も、今では携帯電話とインターネットに流れていってしまったようですが・・・。
(私もですけどね。(^^;)

高校時代は、アマチュア無線は部活でやってましたので、その時のコンテストは強烈な思い出ですな。(^^;
コンテスト参加がメインで活動してたような部活でしたし、 無線と言えばコンテストって感じでしたよ。

無線でしゃべるのは好きではなかったですが、リグ(無線機)をいじったり、アンテナを張ったりするのは好きでしたよ。
だから、部活にはちゃんと行ってましたよ。
なんか知らんけど、最後は部長までやってたような・・・。
(どちらかと言うと、パソコン方面メインの人だったんですけどね。>私
コンテストのログ集計のプログラムをX-BASICで作ったり。
普段は、リグ(無線機)には触らない不良部員だったんだけど・・・。(^^;)

マイクでしゃべるのが嫌いだと言っても、コンテストでは、マイクに向かってしゃべらないといけない訳で、 コンテストしゃべりは出来ました。
コンテスト中は、一種の別世界ですから、それ用のモードに切り替えれば、対応可能。
まぁ、コンテストでは、性格が変わる人も結構居るしねぇ~。(笑)
あのような徹夜での特殊な状況というのは、アマチュア無線をやってないと体験出来なかったでしょうから、 これもまた良い思い出です。

コンテストと言えば、ALL JAにも出てましたが、うちの高校はフィールドデーの方が強かったです。
HAM(?)と煙は高い所が好きですから、私もアンテナに登るのは結構好きだったですよ。(^^;
で、フィールドデーコンテストでは、 崖っぷちにアンテナのタワーを立てて、そこに登ったりして、なかなかスリルがありましたね。(笑)

フィールドデーは、マジでサバイバル生活。
ですので、コンテスト経験者は、サバイバルに強いかもねぇ~。(^^;
(私は、トイレ問題を抱えてるUC患者になってしまったので、 もうサバイバル生活は出来そうにありませんが・・・。(´・ω・`)ショボーン)
徹夜の時に、額にタオルを巻くのも、高校時代のコンテストからです。
(某先輩に伝授されたって感じかな?(笑))
高校時代の部活では、色々と鍛えられました。(^^;

アマチュア無線で身に付けた経験は、進んだ大学が電子工学科だったという事で、随分と役に立ちました。
周波数を聞いた時に波長を意識する習慣なんかは、コンピュータをやってても役に立つ感覚ですよね。
あと、徹夜のコツみたいなのは、コンテストで鍛えられたので、 大学の卒研や就職してからのデスマーチで、役に立ってるし。(^^;;;;;;;;;;
今のネットでのコミュニケーションの基礎みたいのは、パケット通信で得たものですしね。
アマチュア無線をやってなければ、今の私は考えられないって感じかもしれません。

という感じで、私にもアマチュア無線の思い出は沢山あるですよ。

それから、これ↓
今回の地震で土砂崩れに遭った人の話や
携帯がなかなか繋がらなかったという話を聞くと
車に無線機を積んでおくのもいいかなーと思いました。
には同感です。
私もハンディ機を一台車に積んでおこうと思います。
(ただし、電池の液漏れ注意!>ハンディー機
随分前ですが、ハンディー機の電池ボックスの中を見たら、 電池を抜くのを忘れてて、
電池ボックスを水洗いした事があります・・・。_| ̄|○
電池ボックスを外せるC460だったから良かったけどね。(;´Д`))

長くなりましたので、そろそろファイナルにしたいと思います。
それでは、7388

|

« プロマネのお勉強メモ・スコープマネジメント | トップページ | [睡眠時間のログ]腸閉塞気味な感じの苦しさで目が覚めた »

予定」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます(^o^)/
私も高校時代はコンテストには必ず参加してました。
合宿所に泊まって(といっても徹夜だけど)
オールJAとか6m&down(だっけ?)とかイロイロ。
夏休みには福島で合宿もしたし
高校でやってるJARLの講習会で練習問題の採点もしました。
           ↑講師はうちの先生方だった
うーん。懐かしい思い出だわ。

投稿: まみや | 2004年11月 4日 (木曜日) 09:11

をを!まみやさんもコンテストに参加してましたか!
女性の方で、徹夜でフル参戦とはなかなかスゴイ!

残念ながら6m&downは参加した事はないです。
うちの部活は、
 ALL JA、フィールドデー、ALL千葉
をターゲットに活動してました。

まみやさんの所は、JARLの講習の手伝いもしてたんですか。
随分と活発な活動をしてた部ですね。

うちは、コンテスト以外は無線はあんまりな感じ・・・。(;´Д`)
(コンテスト以外の時は、パソコンで遊ぶのがメインでした。(笑)>うちの部)

ちなみに、私は、高校の部活のコンテストには、
OBになっても参加してましたよ。(^^;

大学生になっても、お手伝いに行ってアンテナに登ってました。(笑)

それにしても、コンテストに参加してた頃の私は元気でしたねぇ。
今の私では想像出来ない無茶で不健全なイベントですよ。(^^;>HAMのコンテスト

徹夜した上に食事はカップラーメンですからねぇ。
今の私が参加したら、確実に死ぬ・・・。(爆)

若さと健康は偉大だ!という典型的な思い出ですね。(笑)

まだコンテストに参加してた頃の元気な自分のイメージを
捨て切れず、今もたまに無理しちゃいますけどね。(^^;
今は、無理すると、必ず撃沈しますが・・・。_| ̄|○

今じゃ、あんな事はもう出来ませんから、本当に良い思い出になってます。
いやぁ~、懐かしいなー。(笑)

思い出いっぱいの高校の部活(ラジオ部)なのですが・・・。

最近、テニススクールで知り合った、私の出身校に通ってる高校生の
話では、すでにラジオ部は消滅したらしいです・・・。_| ̄|○
(機材は、放送委員会が保管してくれてるらしいけど・・・。)

まぁ、確かに携帯電話とインターネットの時代になった
今は、アマチュア無線に興味を示す人は少ないかも
しれませんけど・・・。

自分が部長までやった部が無くなってるというのは、
ちと寂しいですね・・・。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

投稿: PSV | 2004年11月 4日 (木曜日) 17:00

>>随分と活発な活動をしてた部ですね

うちは工業高校なので殆どの先生がコール持ってて
生徒より先生の方が夢中でしたよ(笑)
無線部にはいってなくても
コール持ってる生徒も大勢いたし。

もちろんコンテストはOBになっても参加してました。
っていうか、差し入れもって行かなきゃいけないというか。
なので校内の合宿所はもちろん、
コンテスト合宿中の筑波山のキャンプ場に行った事もあります。

うちの学校ではパソコンは電算機部とか電気研究部でやってました。
私らの頃はパソコンではなくてマイコンの初期で
電算機実習は紙テープでやってた世代ですけどね(^^;)

そうそう。
部のHFのリグはなんと真空管でした。
「UNIDEN 2020P」って知ってます?

投稿: まみや | 2004年11月 5日 (金曜日) 00:13

なるほど~、工業高校でしたか。
それは楽しそうですなぁ~。(^_^)>コール持ってる人が沢山

>私らの頃はパソコンではなくてマイコンの初期で
>電算機実習は紙テープでやってた世代ですけどね(^^;)

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
そんなに歳が離れてましたっけ???
そこまで歳が離れてるとは・・・。 Σ(゚д゚lll)ガーン

私もマイコンの初期は知ってるつもりですが・・・。
でも、紙テープは知らないです・・・。(^^;

私が10歳の頃は、すでに磁気テープの時代だから・・・・。
で、その時には、まみやさんは、すでに高校生だったと仮定すると・・・。
(指を折って歳を数える私。(爆))

>部のHFのリグはなんと真空管でした。
>「UNIDEN 2020P」って知ってます?

UNIDEN 2020Pは初めて聞きました。
UNIDENなんてメーカーもアマチュア無線機を作ってたんだ。
アマチュア無線がキング・オブ・ホビーと呼ばれてた
HAMの全盛期と体験してるんですね。>まみやさん
いいなぁ~。

これからは、まみやOMと呼ぼうかな。(笑)

そうそう、うちの部も真空管のリグは使ってましたですよ。
コンテストでは、最新機種だけでは全バンドをカバー出来ないので、
TS-520( http://home.att.ne.jp/yellow/mikawaya/2001/r002/0198.html )とか使ってました。
コンテストでは、必ず一度はブレーカーが落ちて停電するのですが、
真空管のリグだと、停電した時、焦りますよねぇ~。(笑)

真空管のリグの調整の仕方なんて、もう覚えてないや。
コンテストの時しか触らなかったですから。(^^;
(今思えば、ちゃんと使い方を覚えておけば
良かったですね。(´・ω・`)ショボーン
不真面目部員だったからなぁ・・・。(^^;;;;;;;>私)

投稿: PSV | 2004年11月 5日 (金曜日) 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/1812353

この記事へのトラックバック一覧です: Re:アマチュア無線の思い出などを語ってみます。:

« プロマネのお勉強メモ・スコープマネジメント | トップページ | [睡眠時間のログ]腸閉塞気味な感じの苦しさで目が覚めた »