« LLP(有限責任事業組合) | トップページ | 体力作り日記 »

2005年1月26日 (水曜日)

免疫アルゴリズム(IA)の記事を読んだら、人間の免疫系の仕組みの理解も深まったような

Cマガジン2004年10月号
特集2 生物の生きるしくみを応用する
免疫アルゴリズム
の記事を読んだら、人間の免疫システムの勉強にもなりました。

潰瘍性大腸炎(UC)は、自己免疫疾患説もあるわけですが・・・。
この記事を読んで、UCの症状が発生するのは、サプレッサーT細胞が、仕事をサボってるせいじゃないの?とか思ったり。(^^;

この記事を読むまで、サプレッサーT細胞なんてものの存在は知らなかったですよ。
プラズマB細胞やメモリB細胞というのも知らなかったし。(´・ω・`)

複雑な構造になってますねぇ~。>免疫システム

非常に良く出来たシステムですが、 これくらい複雑なシステムになってると、 この部分にバグが潜みやすいような気がしますね・・・。
デバッグが大変そうですよ・・・。(^^;

う~ん、評価関数や評価値の設定とかがボロボロかもしれんなぁ・・・。(^^;;;;;>私の身体の免疫システム

関連:
遺伝的アルゴリズムでカーネルチューニング(/.J)

|

« LLP(有限責任事業組合) | トップページ | 体力作り日記 »

Programming」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

潰瘍性大腸炎(UC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/2703278

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫アルゴリズム(IA)の記事を読んだら、人間の免疫系の仕組みの理解も深まったような:

« LLP(有限責任事業組合) | トップページ | 体力作り日記 »