« 『世界の中心で、愛をさけぶ』を読んでみました。 | トップページ | 体力作り日記 »

2005年2月16日 (水曜日)

「蝕まれる心、企業生き残りの代償」の続きが出ました。

続きがすごく気になってた記事の続きが出ました!

蝕まれる心、企業生き残りの代償 第2回~あるケータイ用ソフト技術者の場合(2) - nikkeibp.jp - 専門家の眼
(ネタ元:しゃある通信さん)
3カ月ほど休むと、抑うつ症状はほぼ消えた。休職期間中に次の就職先を探し、今度は携帯電話にダウンロードして使うソフトを作る小さな会社に勤めることにした。端末の中の一部の機能を開発する組み込みソフトとは違い、設計から開発までほぼすべてを任せてもらえるソフト開発である。携帯電話本体のように、ヒットすればテレビのニュースに取り上げられるような大きな商品ではない。けれども一から十まで自分が手がけるのだ。責任は大きいが、市場に投入するときの愛着はまたひとしおだと思うと、やりがいもあるだろう。

あー、あー、あー・・・・。
この人、私と同じ事を考えてるよ・・・。
で、この考えは、非常に危うい罠・・・。(^^;

逃げるなら、上流工程に逃げた方が良いのにな・・・。
この方は、リーダー経験があるんだから、上流工程に行けるのに・・・。
逃げる方向が逆・・・。(^^;

私もこの記事の方のような感じで、 社員数4名の小さな会社に転職した事があります・・・。
しかし、失敗でしたね・・・。(^^;

小さい会社なら、 小回りが利くので、何かあった時は、 臨機応変に対応してもらえるだろうという淡い期待を持っていたのですが・・・。(^^;
甘かったです・・・。
小さい会社は、小回りを利かせて、臨機応変に殺してきます。(爆)
牙を剥いた時の殺傷能力は、小さい会社の方が強いかもしれません・・・。

正直、今のコの業界には、平和はないですよ・・・。(´・ω・`)ショボーン

先日の某理系大学のOB会で、コの業界の方々と色々と話をしてきましたが、 ヒデー、ヒデー・・・。
平和なところは、どこにもありませんなぁ~。(ノД`)シクシク

どちらかと言えば、上流工程の方が安全かもですけど・・・。
上流工程をやってる人も大変そうでしたね・・・。

しかし、上流工程の人だと、困った時には、下流にそのまま問題を流せるだけ、 逃げ道がありますから、上流工程の人は、まだ良いです・・・。
下流工程は、本来は上流工程で対処しないといけない事まで対応しないといけなくなると、 死にます・・・。(T_T)
余裕の無いプロジェクトでは、容赦無く下流工程に問題を流してきます。
上流工程の問題を下流工程で対処しようとすると、上流で処理する時の数倍の労力が必要なのにもかかわらず・・・。
(多分、上流工程は、問題を下流工程に流した時の被害を理解してないのでしょう・・・。)
ですので、コの業界で致命傷を負いたくなければ、上流工程に行くしかないです・・・。
確率の問題ですが、上流工程の方が、死ぬ確率は低いです。
(上流工程でも死ぬ時は死ぬけど・・・。
ま、そこは、コの業界ですから・・・。(^^;)

コの業界は、こんな感じに下流が死ぬように出来てます。
その上、 上流工程が仕事をしなくても、下流工程の人材が優秀だと、 どうにか仕事が完成するという事もあり、 上流は、まったく反省しない・・・。(-_-;
つか、反省しなきゃならない事にも気づいていない・・・。
反省しなくても、下流工程の人材を使い潰していけば大丈夫!なので・・・。
(下流工程の活躍で完成したとも思ってないでしょうし・・・。(;_;))

ですから、
逃げるなら、上流工程へ!!!(爆)

実際にコの業界を支えてるのは、下流工程の人なのに、 こんな事で良いのかね?と思うけど・・・。
現実がそうなんだもんな・・・。
エンジニアとしては、下流工程の方が面白いんですが、 命や健康を守る為には上流工程に居た方が良いという・・・。
(という事で、エンジニアは、面白さを選ぶか、 少しでも安全な方を選ぶかというジレンマに陥るわけです・・・。(^^;)

OB会で、某大手電機メーカーの方に、日常的に外注殺しが行われてる話を 聞きましたが、そんな感じでほとんどの会社が、 罪悪感無しで、外注殺しをしてるんだよなぁ・・・。(´・ω・`)ショボーン

そういうのが普通になっちゃってるんで、 外注の命なんて、虫けら以下・・・。
自分の潰した外注さんが、その後、どんな人生を送ってるかなんて知らないんでしょうね・・・。
(ちなみに、外注さんの所属してる会社のエライ人は、自社の社員の事より外面の方を大切にするので、 自社の社員を守ろうなんて事は思っていない所が多いです。
そんな会社に所属している外注さんは、誰にも守ってもらえずに死ぬしかありません・・・。(つД`))

私が以前作ったプログラムを組み込んだ製品を売って稼ぎ続けてる某社がある反面、 某社に潰された私は、稼ぎ無し・・・。(T_T)
プログラマーなんて仕事は、そんな感じ・・・。
割に合いませんね・・・。

ところで、日本国憲法では、『奴隷的拘束及び苦役の禁止』が定められてるハズなんですけども、 経営者の方々は知ってるのでしょうかね?
利益の為なら、何をしても良いと思ってません?>コの業界の経営者

私の望むのは、人を人として扱って欲しいなぁ・・・という事、ただそれだけなんですが・・・。
コの業界では、そのような会社を探す事は不可能なのでしょうか?
(このような記事が出てしまうような業界ですから、不可能なんだろうね・・・。
この記事よりヒドイ所も多いだろうし・・・。)

|

« 『世界の中心で、愛をさけぶ』を読んでみました。 | トップページ | 体力作り日記 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/2955584

この記事へのトラックバック一覧です: 「蝕まれる心、企業生き残りの代償」の続きが出ました。:

« 『世界の中心で、愛をさけぶ』を読んでみました。 | トップページ | 体力作り日記 »