« 原秀則版「電車男 1」を読みました。 | トップページ | やっと »

2005年7月24日 (日曜日)

『ナンバ走り 古武術の動きを実践する』の理論を首のリハビリに応用する。

先日買ったナンバ走り関連の書籍読了~。

日常生活の中でも骨の動きを意識する事が大切かもですね。
支点を複数作って、効率的な動きをする古武術の井桁崩しの理論は、首に負担をかけない動きをする為にも使えそうですよ。

今まで、首のある一点を支点にして頭の重さを支えてたので、壊れたんでしょうなぁ~。>私の首
井桁崩しの理論を使って、支点を複数にすれば、 一ヶ所に集中してかかってた負荷を分散する事が出来そうなので、 これの理論は、首の負担を減らす事に役立ちそうです。

その他にも役に立ちそうな事が沢山書かれてました。

走る時に前傾姿勢を作る際に背骨を曲げるのではなく、 骨盤を前傾させるというのも応用出来そうです。

コンピュータを使う作業をする時、軽く前傾姿勢になるのですが、 この時、首を曲げてしまうと、首に過剰な負担がかかってしまうので、 それを避けるために骨盤を前傾するイメージにすると、 首の負担が減って良い感じです。
ただ、骨盤を前傾させると、腹筋を鍛えておかないと 長時間の作業はキツイですね。
骨盤を前傾させた姿勢を続けてると、腹筋にかなり負担がかかるのが分かります。

首の筋肉より、腹筋の方が強い筋肉なので、 身体の為には腹筋を使う方が正解なのでしょうが・・・。

もっと腹筋を鍛えねば~。(笑)

首のリハビリで、肩の筋肉を鍛えるように言われているのですが、 ナンバ走りの本では、肩甲骨を動かす事も重要だという事が書かれてましたので、 肩の筋肉を動かす時に、肩甲骨の動きも意識しながらするようにしてます。
そしたら、背中が筋肉痛ですよ。(^^;
この程度で筋肉痛とは弱過ぎ~。

筋肉痛は、「フライ,ダディ,フライ」風に言うと、細胞の破壊と再構築。
明日のための
破壊と再構築を
始めるんだ!
という事で頑張ります。(笑)

私は、ナンバ走りの本を2冊買ってみましたが、 まず理論を知りたいという事でしたら、こちら↓だけ読んでおけば良いかと。

ナンバ走り
矢野 竜彦 / 織田 淳太郎 / 金田 伸夫
光文社 (2003.11)
通常2~3日以内に発送します。

上の本を読まずに、こちら↓だけ読んでも


多分、よく分からないと思いますので注意。

こちらの本は、写真入りでトレーニング方法が書かれてるので、 トレーニングのやり方の参考にはなりますけどね。
(ぢつは、「突然、足が速くなる」の方は、特に買う必要はなかったかもなぁ~という感じがしてたり。(^^;
表紙の写真に釣られて買いましたが、末續慎吾のトレーニング方法が書かれてるわけではない罠。)

|

« 原秀則版「電車男 1」を読みました。 | トップページ | やっと »

体力作り日記」カテゴリの記事

体調管理」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/5129557

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナンバ走り 古武術の動きを実践する』の理論を首のリハビリに応用する。:

» ナンバ走り 古武術の動きを実践する [仮想本棚&電脳日記]
ナンバ走り 古武術の動きを実践する 新聞の書籍の広告で末續慎吾選手が走る姿の写真がいっしょに載っていました。 [続きを読む]

受信: 2005年7月31日 (日曜日) 10:17

« 原秀則版「電車男 1」を読みました。 | トップページ | やっと »