« bk1でお買い物 | トップページ | 首のMR検査終了 »

2005年7月19日 (火曜日)

身体に負担のかからない動き方を身に付けたい

今日、整形外科に行って検査をしてもらったら、 首の骨が痛んでる事が判明。(T_T)
(明日、MRIで精密検査予定です。)

これはマズイぞ・・・という事で、本を物色。

身体を捻らず、骨に負担をかけないように動く方法を身に付けたら、 首の負担を減らず事が出来るのでは?という事で、下記の本を注文してみました。

動かずに安静にしていれば、当然、首の負担は減るのですが、 それだと筋力・体力が落ちていく一方ですから、 出来れば、身体に負担をかけないように注意しながらトレーニングしていく方向で いきたいですからね。
(早くテニスをやれるようになりたいだけという説もある。(笑))

という事で、今のうちから知識だけでも詰め込んでおこうかと。

ナンバ走り
ナンバ走り
posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.19
矢野 竜彦 / 織田 淳太郎 / 金田 伸夫
光文社 (2003.11)
通常2~3日以内に発送します。

|

« bk1でお買い物 | トップページ | 首のMR検査終了 »

体力作り日記」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/5055483

この記事へのトラックバック一覧です: 身体に負担のかからない動き方を身に付けたい:

» 『ナンバ走り 古武術の動きを実践する』の理論を首のリハビリに応用する。 [PSVのまた〜り日記]
先日買ったナンバ走り関連の書籍読了~。 日常生活の中でも骨の動きを意識する事が大切かもですね。 支点を複数作って、効率的な動きをする古武術の井桁崩しの理論は、首に負担をかけない動きをする為にも使えそうですよ。 今まで、首のある一点を支点にして頭の重さを支えてたので、壊れたんでしょうなぁ~。>私の首 井桁崩しの理論を使って、支点を複数にすれば、 一ヶ所に集中してかかってた負荷を分散する事が出来そうなので、 これの理論は、首の負担を減らす事に役立ちそうです。 その他にも役に立ちそうな事が沢山書かれてまし... [続きを読む]

受信: 2005年7月24日 (日曜日) 17:46

« bk1でお買い物 | トップページ | 首のMR検査終了 »