« 体力作り日記 | トップページ | 自宅鯖全滅か!? »

2006年7月22日 (土曜日)

ITサービス企業は“3K職場”になったのか?

「復活」果たしたITサービス業界がこの5年間で失ったもの
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060719/243731/
 ITサービス業界から「失われたもの」の1つは,業界に対する若者からの好感度である。就職を控えた若者の間で,今やITサービス業界に対する人気が凋落し続けているのだという。

 かつて,若者がITサービス業界に抱いていた「成長業種で,勢いがある」「実力次第で,見返りがある職業」という好意的な見方は後退。最近では,「忙しい割には報われない業種」とのイメージが強まっている。
 「数年前から,ITサービス業界を“ニュー3K”職場と呼ぶ声が出てきた。こんな現状に,怒りすら感じる」。こう語気を強めるのは,住商情報システムの阿部康行社長だ。3Kの意味は,「キツい,帰れない,気が休まらない」,あるいはこれらに代わって「給料が安い」「キリがない」が入るなど,諸説がある。

 富士ソフトで組み込みソフト開発部門を率いる幹部は,「3Kは,全くの誤解と言っていい。ピーク時は別として,平時は夕方に帰宅しているスタッフも多い。仕事の内容も,昔ながらのマシン語と格闘しているようなイメージとは様変わりしている」と語る。

3K職場を作り上げた アベシ が何言ってるんだ~!?∑( ̄□ ̄;)

私がIT業界で思い浮かべる3Kと言えば、
  • キツイ(納期が・・・)
  • 苦しい(予算が・・・)
  • 気が狂う(最後は・・・)
ですな。(;´Д`)

デスマーチ・プロジェクトは、常態であって、例外ではない』と言われるような状態が何十年も続いてるのに、 何を言ってるんだろう・・・。

現実を見て~。(つД`)>IT業界の経営者&管理職

IT業界の労働者は、怒りを通り越して、絶望を感じてる者も多いです。

それでも、生きていく為には・・・。_| ̄|○
(人の足下見て、どれだけ安く買い叩いて、こき使うかしか考えてない業界で働くのは地獄・・・。)

|

« 体力作り日記 | トップページ | 自宅鯖全滅か!? »

デスマーチ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

仕事・就職活動・起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/11050468

この記事へのトラックバック一覧です: ITサービス企業は“3K職場”になったのか?:

« 体力作り日記 | トップページ | 自宅鯖全滅か!? »