« [体力作り日記]秋ですなぁ~。 | トップページ | 厚生労働省:偽装請負に対する当面の取組について »

2006年9月24日 (日曜日)

『ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!』を参考に身体の使い方研究ちう

ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!』を読んだ影響を受けて、 色々と試してみてる今日この頃です。

古武術・ナンバの本を読んだのをきっかけに、去年から肩甲骨を動かすトレーニングを毎日続けているのですが、 この本を読むと、まだまだ全然動かせていない模様。>私
さすがに去年の同じ頃に比べたらかなり動くようにはなっていますが、 『ナンバ健康法』のP53に載ってる"ナンバ的「理想のスイング」とは?"の写真を見ると、 肩甲骨は、もっと自由に動かせるみたいですね。

ネットで肩甲骨を動くようにするストレッチを調べてみたりしてたのですが、 ストレッチポールを使ったトレーニングは、結構良さそうだなぁ~と思ったり。

あと、水泳をやってる人のトレーニングも参考になりますねぇ~。
オリンピックに出たりする水泳選手のスタート前の柔軟体操を見てると、本当にグニャグニャと肩・肩甲骨が 動きまくってますもんね。
あのレベルまで柔らかくなるとスバラシイのですが・・・。

私も頑張ってトレーニングして、もっと動くようにしたいですな。>肩甲骨

それから、私は、肩こりが酷くて、長時間、コンピュータを使った作業をしていると、肩こりを通り越して、 腕の先まで痺れてきたりするのですが、肩甲骨を上手く使う事で肩と手を切り分けて(肩と手の分離) 動かせるようになると、肩にほとんど負担がかからなくなる(『ナンバ健康法』のP58)そうなので、 ぜひ肩と手を切り分けて使う技は習得したいところですね。

さらに、「手の指を(骨の構造を意識して)手首近くから使えるようになると、 物をつかむときや、コンピュータなどのキーを叩く作業や、 何かを作るときの繊細な作業がしやすくなる」(『ナンバ健康法』のP78)とのことなので、 これもぜひマスターしたいです。
この本に載ってるナンバ式「手指のマッサージ」(『ナンバ健康法』のP81)は、 しばらく続けていこうと思います。

|

« [体力作り日記]秋ですなぁ~。 | トップページ | 厚生労働省:偽装請負に対する当面の取組について »

Programming」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/12013903

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!』を参考に身体の使い方研究ちう:

« [体力作り日記]秋ですなぁ~。 | トップページ | 厚生労働省:偽装請負に対する当面の取組について »