« 開発費の実状は「人月単価90万円」 | トップページ | 今日、届いた本 »

2006年10月20日 (金曜日)

[テニススクール]軸足は大切

テニススクール 85分

先週気づいた肩(肩甲骨)を落としたスイングは、今週もやってみましたが、やっぱり正解。
肩を落とすと、肩関節の可動域が広がって、ラケットを楽に振れるような気がします。
肩と腕の分離が出来るようになると、さらに凄い事になりそうな予感。
(アップの乱打練習で、コーチが私のフォアのボールをミスショットしてネットにかけるという珍しい事態発生。 イイ感じにドライブ回転がかかるようになったので、スライスで返そうとすると、思ったより飛ばないのかもしれないです。
まぁ、でも、コーチに同じボールは、二度は通用しない罠・・・。(^^;)

今日は、ストロークのフットワーク強化日という事らしく、ボールへの入り方などをチェックしてもらいました。
ストロークでは、後ろの足(軸足)から、ボールに入るようにしないといけないらしいです。
私の場合、フォアは左足(前側の足)からボールに入る癖が付いていたので、 その辺を注意して右足(後ろの足)からボールに入るように修正。
ボールに入るタイミングが変わったので、最初、脳と身体の連携が上手くいかず、ちとパニックに。(;・∀・)
慣れたら、後ろの足を意識してボールに入った方が打ち易いですな。
さすが、コーチ、指示が的確です。

コーチ曰く、ネットに近い短いボールが来た時、軸足(後ろの足)をしっかり決めて打たないと、 身体が突っ込んで上手く打てないとの事なので、特に短いボールを処理する時には、 軸足に意識を置くように注意。

|

« 開発費の実状は「人月単価90万円」 | トップページ | 今日、届いた本 »

tennis」カテゴリの記事

体力作り日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/12356890

この記事へのトラックバック一覧です: [テニススクール]軸足は大切:

« 開発費の実状は「人月単価90万円」 | トップページ | 今日、届いた本 »