« リハビリ散歩 | トップページ | bk1から着弾 »

2008年3月28日 (金曜日)

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代

通院で車で出かけたついでに帰りに本屋に寄って、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代』を一冊立ち読みしてきました。
5時間ぐらい立ちっぱなしで。
(途中で一度トイレに行きましたが)

長い時間立ってると、立ち方のバランスの悪さで変な筋肉の使い方をしてるなどの”気づき”がありますね。
これは、良いリハビリのトレーニングになりますな。>立ち読み

それから、『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代』ですけど、 相変わらず、城さん、日本企業の問題点や日本の雇用構造をエグりまくりですな。

これからの働き方の提案などもしてて、このままこの活動を続けていけば、日本のトム・デマルコ的な人になるかもなぁ。>城さん

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
城 繁幸
筑摩書房 (2008/03)
売り上げランキング: 92
おすすめ度の平均: 4.0
4 学歴社会は本当に崩壊したのか!
4 城繁幸吠える
5 既存秩序への挑戦

|

« リハビリ散歩 | トップページ | bk1から着弾 »

仕事・就職活動・起業」カテゴリの記事

体力作り日記」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/40668968

この記事へのトラックバック一覧です: 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代:

« リハビリ散歩 | トップページ | bk1から着弾 »