« 歯医者通い終了~ | トップページ | リハビリ散歩 »

2008年4月15日 (火曜日)

進む障害者雇用 大企業「特例子会社」設立相次ぐ

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080414/biz0804141906007-n1.htm
 トヨタ自動車、東京電力、KDDIといった大企業が、障害者の雇用を進めるための子会社設立を相次いで発表した。昭和51年から法律で制度化されているが、最近は障害の有無や性別、国籍などを問わない人材登用で社内を活性化する「ダイバーシティ(多様性)経営」が産業界に浸透。先行企業の成功例も増え、導入は拡大しそうだ。

(snip)

 特例子会社ではバリアフリーの職場作りや、体調などに配慮した勤務時間設定が容易になるため、厚生労働省は「雇用拡大と能力開発にメリットが大きい」と推奨。2月末で全国232社を認定している。法律で義務づけられた労働者の1.8%以上の障害者雇用が未達の企業も多い中、特例子会社を持つ企業はすべて達成しているという。

(snip)

 日本総研の足達英一郎副所長は、企業の社会的責任(CSR)の浸透を指摘。加えて、ソニーが昭和53年に設立した特例子会社「ソニー・太陽」(大分県)がマイクロホン製造など事業拡大に成功した例を挙げ、「労働人口が減る中で障害者の戦力化や人材多様化は必然の流れ」とみている。

労務管理をきちんとして、本当に『体調などに配慮した勤務時間設定』をしてくれるなら、ありがたい話。

入社前に口先だけで「体調を配慮する」と言っておきながら、 しれっとデスマーチに投入、 そして、体調を崩したら見放すようなやり方は止めて欲しいところ。

障害者や難病患者は、多少賃金が安かろうが、多少激務だろうが、

働かせて頂けるだけでありがたいと思わないといけない

という風潮が世の中にあって、なかなか文句が言い難いので、 足元見てくる経営者が多いような気がする・・・。

健常者より死に物狂いで働いてる障害者とか難病患者とか居るです・・・。

気配り大事。

ちゃんとした気配りが出来る労働環境を作れるかが、今後の課題だと思います。

特例子会社の中にもかなり酷い事をしてる所もあるという話を耳にしますしねぇ・・・。

|

« 歯医者通い終了~ | トップページ | リハビリ散歩 »

仕事・就職活動・起業」カテゴリの記事

特定疾患・難病・障害者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/40891893

この記事へのトラックバック一覧です: 進む障害者雇用 大企業「特例子会社」設立相次ぐ:

« 歯医者通い終了~ | トップページ | リハビリ散歩 »