« 『KDDIチャレンジド』という会社が出来るらしい。 | トップページ | [bk1から着弾]脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み »

2008年4月10日 (木曜日)

サロファルク(Salofalk)=5-ASA剤

先日(4/8)、このblogに
『潰瘍治療薬の権利取得 味の素、独社から』に関する記事
を書いた時は、よく調べてなくて、
サロファルク」ってどんな系統の薬なんだろう?
だったのですが、こちらのサイトを参考に "Salofalk"で検索したら分かりました。
  • 味の素 医薬カンパニーインフォメーション
    潰瘍性大腸炎治療剤をドクター・ファルク・ファーマ社より導入

     この5-ASAを有効成分とする新しい製剤はドイツおよび他の欧州各国では、Salofalk® Granu-Stix®の販売名でファルク社が販売し、潰瘍性大腸炎の活動期の治療および緩解維持に使用されています。本製品は、遠位を含めた大腸全体において5―ASAを放出するように設計されています。そうした放出の特徴により、1日1回投与が可能となりました。Salofalk® Granu-Stix®は現在、米国及びEU諸国以外の各国において販売承認のため審査中です。味の素㈱は、日本での承認に必要な研究開発を行う予定です。

という事で、ペンタサと同じ系統の薬らしいですね。

|

« 『KDDIチャレンジド』という会社が出来るらしい。 | トップページ | [bk1から着弾]脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み »

潰瘍性大腸炎(UC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/40841991

この記事へのトラックバック一覧です: サロファルク(Salofalk)=5-ASA剤:

« 『KDDIチャレンジド』という会社が出来るらしい。 | トップページ | [bk1から着弾]脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み »