« [地方格差]難病患者療養見舞金事業の一部変更について | トップページ | 第11回オリゲーフェスタ68&秋葉原散策 »

2008年5月 2日 (金曜日)

『セントジョーンズワートとうつ病―セイヨウオトギリソウの秘められた力』読了

セントジョーンズワートとうつ病―セイヨウオトギリソウの秘められた力』を読み終わりました。
色々と良い効果がある事が分かりました。
良い意味でのプラセボ効果強化本。

正しい飲み方やどのような製品を買ったら良いかの参考にもなりました。

セントジョーンズワートの効果は、イミプラミン(トフラニール)に近い感じらしいです。
イミプラミン(トフラニール)に近いと言っても、副作用に関しては、私がイミドール(トフラニール)を飲んでた時に感じたものは、今のところ感じられず良い感じ。

この本に書かれてる研究結果を見ても、他の薬との飲み合わせ等で注意すべき点はありますけど、 副作用に関しては基本的には良好なようなので、ブルガダ症候群で三環系抗うつ剤には注意な私にはありがたいな、と。

効果については、4~6週間飲み続けてみないと判断出来ないようなので、焦らず飲み続けて、効果が出てくれるのを待つ感じで様子見します。

|

« [地方格差]難病患者療養見舞金事業の一部変更について | トップページ | 第11回オリゲーフェスタ68&秋葉原散策 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/41060914

この記事へのトラックバック一覧です: 『セントジョーンズワートとうつ病―セイヨウオトギリソウの秘められた力』読了:

« [地方格差]難病患者療養見舞金事業の一部変更について | トップページ | 第11回オリゲーフェスタ68&秋葉原散策 »