« 炎症性腸疾患の仕組み解明 北大グループ マウスで実験 治療薬開発へ | トップページ | ブログに『AED設置マップ』のブログパーツを貼ってみた。 »

2008年5月11日 (日曜日)

チーム全員がうつ退職

チーム全員がうつ退職
「人材使い捨て企業」で何が起きたか
~ 31歳男性(既婚/IT系企業勤務)は見た!【前編】~
 「なんと、若手全員がうつで退職。チームそのものが消えちゃったんですよ」

 こう語る大手IT系企業の宮本峻さん(仮名・31歳)は、ネットワーク保守・運用部門で働いている。

「消えたチーム」というのは、宮本さんのいる部署の隣のプロジェクトチームだ。ここには、中途入社した彼の同期5人が配属されていたという。その5人がそろいもそろってメンタルヘルスを悪化させた。うつや自律神経失調症などを病み、2年目には全員いなくなっていたという。

「結局、プロジェクトは立ち行かなくなり、会社は事業から撤退することになりました。こんなことは今に始まったことじゃありません。大量に新人を採用し、彼らがいなくなると、また募集をかける。そんなことをしょっちゅう繰り返しているんです、うちの会社は」

この間、アキバのヨドバシカメラに行った時、書籍コーナーのプロジェクトマネージメント関連書の所に 『ITエンジニアの「心の病」―技術者がとりつかれやすい30の疾患』が他のマネージメント本と一緒に置かれていました。

ヨドバシの店員は、よく分かってるなぁ~と思いました。

しかし、ブラック企業は、基本的に「大量に新人を採用し、彼らがいなくなると、また募集をかける。そんなことをしょっちゅう繰り返しているんです、うちの会社は」なわけで、

こんな経営者が、こんな社員の為になる本を読む学習能力あるわけないじゃないですかっ!

読んで欲しい本は、読んで欲しい人の手元には届かないの法則・・・。

そもそも、トム・デマルコさんがあれだけ言ってるのに、その声、経営層には届いてないんだもん・・・。
ト○タ式の本の方が、トム・デマルコさんの本より売れてたりする現実・・・。

あー、トム・デマルコ本ブーム起きないかなー。

参考:
はてなブックマーク - チーム全員がうつ退職 「人材使い捨て企業」で何が起きたか|『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー|ダイヤモンド・オンライン

若手を枯らす「バイキン上司」が繁殖中!
~ 31歳男性(既婚/IT系企業勤務)は見た!【後編】~

|

« 炎症性腸疾患の仕組み解明 北大グループ マウスで実験 治療薬開発へ | トップページ | ブログに『AED設置マップ』のブログパーツを貼ってみた。 »

デスマーチ」カテゴリの記事

仕事・就職活動・起業」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/41165733

この記事へのトラックバック一覧です: チーム全員がうつ退職:

« 炎症性腸疾患の仕組み解明 北大グループ マウスで実験 治療薬開発へ | トップページ | ブログに『AED設置マップ』のブログパーツを貼ってみた。 »