« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月曜日)

リノール酸が腸の細胞を破壊するという事が書かれた本

昨日参加した”2009年潰瘍性大腸炎&クローン病医療講演会”では、リノール酸は危険だという話だったのですが、

リノール酸で腸の細胞が破裂する画像

というのを、以前、何かの本で見たなぁ・・・という事で、また本棚を漁って調べてみました。

で、『若者の腸が危ない』のP74~76に、 お目当ての内容が書かれているのを発見。
(人間の腸ではなく、ラットでの実験でした。)


本棚の奥から発掘するのは大変でしたが、モヤモヤした記憶が補完されてスッキリ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[潰瘍性大腸炎][クローン病][食事]IBD患者会の医療講演会に行ったら、昔、読んだ本の内容のその後の話だった。

今日(6/28(日))は、ちばIBDの”2009年潰瘍性大腸炎&クローン病医療講演会”に行ってきました。

講演は、

炎症性腸疾患の食事療法への新提案
~あなたは大丈夫??誤解だらけの脂肪酸栄養~

という内容でした。

PowerPointで書いた資料をプロジェクターで映して説明してくれたので、非常によく分かったのですが、 なんとなく、そのPowerPointの資料に既視感が・・・。

もしや・・・と思って、自宅に帰り着いてから、昔読んだ『油脂(あぶら)とアレルギー (脂質栄養学シリーズ)』を本棚の奥から発掘して、チェックしてみると、今日の講演会で見たのとそっくりな図や表やグラフが・・・。


油脂(あぶら)とアレルギー (脂質栄養学シリーズ)


内容(「BOOK」データベースより)
本書では、n‐6/n‐3比の低い油脂(魚油、シソ油など)がアレルギー過剰反応性を抑えるという動物実験の結果から始まり、この比を下げる食餌療法(例えば伝統和食療法)がアトピー性皮膚炎、喘息、炎症性腸疾患などの治療に有効であるという臨床試験の結果、アレルギー過敏症にともなう行動異常を抑えるという結果、および抗アレルギー薬と油脂栄養との関わりを解説した。

どうりで見たことのある感じのPowerPoint画像が多かったわけだ・・・。(^^;
おかげで、今日の講演会の内容は、スムーズに理解出来ましたです。

こんなところで10年前に読んだ本が役に立つとは・・・。

この本は、1999年初版で、今年は、2009年。

さすがに10年経つと、研究も進んでるわけで、10年前は動物実験ベースのデータだったのが、 今日の講演会では、実際の人間(ボランティア)を使った実験データも示されていて、研究が進んでるのを実感。

実際の医療の現場で実践され始めているIBD患者に対する脂肪酸摂取指導のノウハウの話も聞けて、 私的には、
あれから10年後
の話という内容で、非常に興味深い講演会でした。

頑張って、行って良かったです。

食事療法としては、 n-6系PUFA(PUFA=多価不飽和脂肪酸)を減らして、

一日に摂取するn-6系PUFAn-3系PUFA

比率を1:1にする

のがポイントらしいです。

植物油脂のn-6系PUFAであるリノール酸は、特にヤバイ! 超ヤバイ! という事で、動物性油脂の飽和脂肪酸(SFA)の方がまだマシという話でした。

今回の医療講演会の先生の話では、潰瘍性大腸炎(UC)でもクローン病(CD)でも、
  1. n-3 PUFA 1700mgを1単位として、1日で3単位(5.1g/日)を摂取する。
    (魚油としそ油を下記のように合わせて、計3単位)
    1. 魚油(EPADHA)から1単位
    2. しそ油(αリノレン酸: ALA)から2単位
  2. n-6 PUFAを多く含有する食品、調味料を学び、 可能な限り摂取を控えることで、日本人の平均 n-6 PUFA摂取量の半分(約5~6g/日)にする。

とすれば、

食物繊維、消化の悪い食べ物:
腸閉塞を繰る返すような腸管狭窄がなければOK

肉類:
80g/日程度以内なら種類を問わずOK

乳製品:
乳糖不耐症がなければOK

揚げ物、炒め物:
オリーブオイルラードを使用

おやつ:
「植物油脂」の表示がなければOK

との事。

私の受けていた10年前の食事指導の内容とは、随分と変わったなぁ・・・。

しそ油(えごま油)は、体内に摂取すると変化して、エイコサペンタエン酸(EPA)になるらしいのですが、 その変化の過程で、n-6 PUFAからアラキドン酸という炎症物質の素になる物質が出来るのを阻害する効果があるらしいので、EPAやDHAだけでなく、


しそ油(えごま油)の摂取も

重要なポイントらしいです。






ちなみに、『油脂(あぶら)とアレルギー (脂質栄養学シリーズ)』では、

n-3系多価不飽和脂肪酸の代謝は n-6系多価不飽和脂肪酸の代謝と同一の酵素である シクロオキシゲナーゼおよびリポキシゲナーゼによって代謝されるため、n-3系多価不飽和脂肪酸を多量に投与するとこれらの酵素がn-3系多価不飽和脂肪酸の代謝に占拠されるため n-6系多価不飽和脂肪酸代謝の競合阻害が起こり、LTB4などの産生が抑制されて抗炎症効果を発揮することが知られている。
(P.144)

と説明されています。

さらに、

1)臨床的検討

  上記の結果より、臨床的にも n-3系多価不飽和脂肪酸を多量に含有するエゴマ油の投与はクローン病患者の血漿 LTB4や TXB2の産生を抑制し、抗炎症作用を持つことが予想される
(P.145)

と、10年前の本の『油脂(あぶら)とアレルギー (脂質栄養学シリーズ)』には書かれていたのですが、今日の医療講演会では、実際の医療の現場で使用される段階に入っているという話だったので、


10年経つと、ちゃんと医療は進歩するんだなぁ・・・

と感慨深い気分に・・・。

私は、この10年間、何の進歩もしてないのに、その間、頑張ってくれていた人達が居たんですねぇ・・・。

ありがとうございます。m(_ _)m>頑張って研究してくれていた方々

だだし、今回の医療講演会の内容の注意点が一つ。

この n-3 PUFAと n-6 PUFAの摂取比率をコントロールする食事療法は、 緩解維持には有効だけど、 この方法だけでは緩解導入は難しいとの事。

この食事療法だけでなく、今まで通りのIBDの通常治療も併用して行って下さいという事でしたので、 この点は、要注意です。


最後に、講演をして下さった先生、患者会のスタッフの皆様、

お疲れ様でした。m(_ _)m

とても興味深い内容で、楽しい時間が過ごせました。(^_^)

追記:

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月27日 (土曜日)

今日、Amazonから届いた物

アドエス(Advanced/W-ZERO3[es])SDHCのmicroSDカードを認識させる為に SDHC.777.cab をインストール。

無事に使えました♪>Sandisk microSDHC 8GB SD変換アダプター付属 バルク品

Sandisk microSDHC 8GB SD変換アダプター付属 バルク品
SanDisk
売り上げランキング: 210
おすすめ度の平均: 4.0
3 微妙… F-01A
1 PSP-1000で使用中に…
5 DSiでも問題ない
2 フォーマットするとコピーが早くなった?
5 SH-01Aにて使用。

ふたつのスピカ 15 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
柳沼 行
メディアファクトリー
おすすめ度の平均: 5.0
5 涙と鼻水
5 娘に読ませたいマンガ
5 おっさんがカッコイイ漫画は良いものだ
5 上手く言えないけど本当に面白いのです
5 スピカはやっぱり最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金曜日)

[うつ病]システムエンジニア(SE)の実態




ニコニコ動画で見れない人は、
こちら↓で。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.nicovideo.jp/watch/sm5461653

【参考】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木曜日)

[UC][薬][承認]プログラフカプセル

http://www.yakuji.co.jp/entry13391.html
======
▽プログラフカプセル0・5mg、同1mg、同5mg(アステラス製薬が製造販売):有効成分は、タクロリムス水和物。難治性(ステロイド抵抗性、ステロイド依存性)の活動期潰瘍性大腸炎(重症度は中等症~重症に限る)の効能・効果を追加した。
======

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土曜日)

痔瘻の手術の入院予約してきました。

おしりが痛いので、すぐにでも治療して欲しいのですが、切開したばかりなので、手術するなら、一ヶ月は期間を空けないといけないそうで・・・。

それでも、最短の来月の半ばに入院の予約が取れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Ruby][Windows]twitterのRSSからテキストファイルを作るバッチファイル(要Ruby)を書いてみたり。

Twitterの今日のログからコメントした時間の分かるテキストが欲しくなったのと、 ワンライナーっぽい事をしてみたくなったので、こんなのを書いてみました。
ワンライナーとか言いつつ、まだ削れる冗長な部分があるし、かなり適当に書いたコードですが・・・。(^^;

ダウンロード twitter_rss2txt.rb.bat (0.3K)


type %1 | ruby -w -ne "a=$_.chomp; a.index(/(<atom:|<rss|<\?xml|<language>|<ttl>|<\/?title>|<\/?item>|<guid|<\/?channel>|rss>)/)?(print ''):(print( a, \"\n\" ))" | ruby -w -Ku -rnkf -ne "a=$_.chomp!;a.gsub!(/.*<.*>(.*)<\/.*>/){$1};a.gsub!(/.*<[^\/].*>(.*)/){$1};a.gsub!(/(.*)<\/.*>/){$1};print \"#{NKF::nkf('--numchar-input -s',a)}\n\";" >%1.sjis.txt

使い方は、Webブラウザ等でTwitterのRSSファイルをダウンロードして、それを twitter_rss2txt.rb.bat に与えればOK。

実際の使い方は、こんな感じ。

D:\>twitter_rss2txt.rb.bat twitter_20090620_1.rss

これで、twitter_20090620_1.rss というファイルから、twitter_20090620_1.rss.sjis.txt というファイルが出来ます。

たったこれだけの事をするのでも、ハマりましたよ・・・。>私
_| ̄|○

TwitterのRSSファイルのUTF-8文字列をShift-JISの日本語文字列に変換するのに、かなり苦労してしまいましたよ・・・。

UTFが絡むとメンドイのぉ~。(つД`)

途中で、Shift-JISへの変換は投げ出そうかと思いましたが、nkf--numchar-inputというオプションがあるのに 気づいてどうにか対応出来ましたです。
タイムゾーンの変更の仕方も分かったので、日時をJSTで出力してくれるバージョンも作ってみました。

ダウンロード twitter_rss2txt_JST.rb.bat (0.5K)


type %1 | ruby -w -rdate -ne "a=$_.chomp;a.gsub!(/.*<pubDate>(.*)<\/pubDate>/){now=DateTime.now;DateTime::parse($1).new_offset(now.offset).asctime+' '+now.zone.to_s};a.index(/(<atom:|<rss|<\?xml|<language>|<ttl>|<\/?title>|<\/?item>|<guid|<\/?channel>|rss>)/)?(print ''):(puts a)" | ruby -w -Ku -rnkf -ne "a=$_.chomp;a.gsub!(/.*<.*>(.*)<\/.*>/){$1};a.gsub!(/.*<[^\/].*>(.*)/){$1};a.gsub!(/(.*)<\/.*>/){$1};print \"#{NKF::nkf('--numchar-input -s',a)}\n\";">%1.sjis.txt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木曜日)

また痔瘻が腫れたので・・・(つД`)

今度は、ちゃんと治そうと、一昨日(6/16(火))と昨日(6/17(水))、全国的に有名らしい横浜の痔の病院に行ってきました。

切開排膿術で膿を出してもらったので、かなりお尻の痛みは楽になりましたが、まだ切開した傷は治ってないので、 排便時に(大腸全摘してるので)小腸からダイレクの腸液が傷にしみて、物凄く痛いです。

また、ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメントを飲んで早く傷を治さないと、これだと、毎回、トイレが大変・・・。

過去の記録を見たら、2~3年周期ぐらいで、痔ろうが悪化して切開してますので、今回は、ちゃんと適切な治療をしてもらって、 再発し難いようにしてもらいたいと思っています。

痔ろうの腫れを局部麻酔だけで切開するのは、無茶苦茶痛いんですよ・・・。
(というか、局部麻酔の注射の針をお尻の腫れに直接刺すわけで、この注射が物凄く痛い・・・。)

こんな事を、何度も繰り返すのは嫌過ぎるので、これを最後にしたいところ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木曜日)

[派遣] 「派遣先は神様」

  • 派遣の労災 隠ぺい横行
    http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kyousei/security/20090602-OYT8T00305.htm
     労働者軽視ともいえる深刻な事態が後を絶たないのは、そもそも、安全と補償をめぐる派遣先、派遣会社の法的な責任があいまいなことが背景にある。

     プレス機械の場合なら、手をはさまない安全装置をつける責任は派遣先の企業にある反面、作業上の注意などの安全教育は派遣会社だ。労災保険の加入対象は、実際に労働者を使う派遣先ではなく、雇用主の派遣会社。派遣先は重大な過失から労災を起こしても、労災保険では事実上、あらゆる負担を課せられない。

     なぜ法的な規制が放置されてきたのか。

     「もともと派遣は専門性の高い業務という考え方が念頭にあり、労災が続発することなど想定すらしていなかった」と打ち明ける厚労省関係者もいる。

     法的な課題に加え、関根書記長は「本来、労働者を保護すべき派遣会社が派遣先の下請け会社のようになり、深刻さを助長している」と指摘する。

     首都圏の派遣会社では「仕事をくれる派遣先は神様。私たちの仕事は、派遣先の要望に沿って人をそろえること。工場の現場など見たこともないくせに、『軽作業』と広告して人集めしている」と打ち明ける。

派遣会社に少しでも関わった事があれば、この実体は知ってると思うのですが・・・。
やっと、表に出てきたか・・・。

「仕事をくれる派遣先は神様。私たちの仕事は、派遣先の要望に沿って人をそろえること。工場の現場など見たこともないくせに、『軽作業』と広告して人集めしている」なんて、誰も知ってるだろ・・・と思っていたけど、一般人には、結構、知られてないのかねぇ・・・。

こんな発言がサラッと出てくるあたりは、さすが、奴隷商人・・・。(;´Д`)

お客様は神様商法は怖いね~。

はてなブックマーク - 派遣の労災 隠ぺい横行 : 社会保障 安心 : 共生 : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月曜日)

リハビリ散歩

散歩 68分(5242歩)
消費カロリー 537.5Kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »