« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月21日 (水曜日)

[医療裁判]医師が手術前の検査結果の確認を怠ったため・・・(;´Д`)

「がん誤診で肛門摘出」、宮崎大に損倍3500万円提訴

エエエエェェェェ(゜Д゜;)ェェェェエエエエ

=====
医師が手術前の検査結果の確認を怠ったため、直腸がんではなかったのに必要のない肛門(こうもん)摘出手術を受けたとして、宮崎市内の自営業の男性(53)が20日までに、宮崎大に対し、約3500万円の損害賠償を求める訴えを宮崎地裁に起こした。
=====

いくら医療崩壊してると言っても、崩壊し過ぎだろ・・・。
これは・・・。(;´Д`)

手術前の検査は、ちゃんとやらないといけないんじゃないの?
検査で手を抜いて手術フェーズに進むって・・・、酷い話すぎて言葉にならない・・・。

怖いなぁ・・・。

この患者さん、永久人工肛門になってしまったそうですが・・・。

=====
手術後の検査で、摘出した直腸と肛門からがんは確認されず、医師は男性に「残念だ。がんというはっきりした診断は出ていなかったが、医師によっても診断結果に意見が分かれるところだ」と説明。男性は人工肛門による生活で、不便を強いられているという。
=====

人工肛門経験者で、人工肛門は結構便利なものだと知ってる私ですが・・・、
必要ない手術で人工肛門にするのはツラいと思うよ・・・。

患者は他の問題とのトレードオフで納得出来たら手術するわけで・・・、
手術が終わってから「(手術を決断した理由の)前提条件が間違ってました」では、
患者は納得出来るわけない・・・。

人工肛門は、医療上、必要な技術だけど、
よく考えないでホイホイ造って良いものでもないと思うよ・・・。

この医者、人工肛門を造る事を気楽に考え過ぎだろ・・・。

人工肛門は、外科医的には、難しくない初歩技術かもしれないけど、
患者のその後の生活考えたら、
流れ作業的に、気楽に手術出来んと思うが・・・。

まぁ、患者の今後の事をちゃんと考える医師なら、
検査の段階でしっかり調べてるだろうから・・・、
調べてないという事は、患者の事をあまり考えないタイプの医師だったんだろうなぁ・・・。(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火曜日)

[ブラックなIT業界の話]プログラミングが好きでIT業界に入るのは、釣りが好きでマグロ船に乗るのと同じ

をを!この例えは上手い!

SEだけは止めとけ
=====
コンピュータとかプログラムが好き、というだけでSEなんかやったら駄目に決まっている。
趣味でやればいい。

釣りが好きで就職してみたら、マグロ船に乗せられて一生遠洋で奴隷労働、というのが
今のIT業界。
そりゃ、釣りが好きだけじゃやっていけるわけがありませんな。
=====

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[メモ]持病のある人の新型インフルエンザワクチン接種

新型インフルワクチン 接種対象や料金は
=====
 11月には、妊娠中の女性や、重症化が心配される持病がある人を対象に接種が始まる予定。12月には1歳以上小学3年生まで、年明けには、まだ接種ができない1歳未満の乳児を持つ保護者や小学4年生以上と中学、高校生、その後、健康な高齢者への接種が行われる。ただ、厚労省は、13歳以上については接種の回数を現在の2回から原則1回に変更することも検討中で、スケジュールが前倒しになる可能性もある。

 接種はすべての病院でできるわけではなく、国が委託した医療機関で受けることになる。あらかじめ市区町村の広報誌などで確認し、病院への予約が必要で、接種の際には、妊婦や子供は母子健康手帳が必要。また、持病がある人は、主治医に相談し、「優先接種者」であることを示す証明書をもらうことが必要。
=====

持病が沢山あるんで、見落とさないように広報チェックしなければ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 8日 (木曜日)

[裁判][大阪高裁]Winny 開発者の金子勇氏、無罪判決

http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=09/10/08/0152241

なぜ一審で有罪(罰金150万円)になったのか理解出来ない裁判でしたが・・・、やっとまともな判決が出た模様。

これが有罪確定になると、日本の技術者は何も新しいものを開発出来なくなるから心配してましたが、とりあえず一安心。

京都府警京都地裁が変だったんだよ!
京都、おかしいよ!京都!

金子さん、ひとまず、お疲れ様でした。


このblog内のWinny関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »