« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水曜日)

私のアカウントにもツイッターの新UIキタお。

前のユーザーインターフェイスに慣れ過ぎてて、新しいのは、ちと違和感あるな。
しばらく使ってれば慣れるだろうけど・・・。

GUIの変更って、習熟度上げるの結構時間かかるのよね・・・。
前のインターフェイスがダメ過ぎる場合を除いて、GUIの変更は、利用者に不評な場合が多い罠。

Unknown

Unknown1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木曜日)

『navico 全国詳細地図版 開発: WAC.com Co.,Ltd』を買ってみた。

navico All Japan map version - WAC.com Co.,Ltd

『navico 全国詳細地図版 開発: WAC.com Co.,Ltd』を買ってみた。

navico All Japan map version - WAC.com Co.,Ltd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[これはひどい]日本での技術者の扱いが酷過ぎて泣ける。(つД`)

最前線の現場で働いてるプログラマーは派遣が多いんだよなぁ〜。
日本では、技術力磨いても報われないシステムだから嫌になる。(´・ω・`) ショボーン

大手SI、化学が健闘。2010年夏ボーナス平均59万円
 勤務する企業の業種別で見ると、もともと構造的に足元のしっかりとした業界や景気回復の波に乗っている業界と、そうでない業界の違いがよりクリアになる。

 職種別と同様に2010年度のランキングをとってみると、表2のようになる。ベスト5は「大手 SIer/NIer(ネットワークインテグレータ)、コンサルファーム、ベンダ」86.8万円、「化学・石油・ガラス・セラミック・セメントメーカー」 80.5万円、「金融・保険系」79.1万円、「外資系SIer/NIer、コンサルファーム」68.8万円、「鉄鋼・金属メーカー」65.9万円だ。外資系SIerを国内系が上回るのは珍しい現象。いずれにしてもIT業界ではより上流工程にかかわる企業が強いといえる。そのほかの業界では化学・素材系の好調ぶりが印象に残る。

 ワースト5を拾ってみると「技術系人材派遣企業」34.5万円、「専門コンサル系」35万円、「住宅・建材・エクステリアメーカー」37.8万円、「食料品メーカー」45.4万円、「繊維・服飾雑貨・皮革製品メーカー」45.8万円などとなった。

 前年度に比べて、ボーナスの伸び率が高いのは「繊維・服飾雑貨・皮革製品メーカー」15.5%、「大手SIer/NIer、コンサルファーム、ベンダ」11.5%、「医療機器メーカー」10.1%など。これらの業界は、回答者の実感値としてもボーナスが「増えた」とする回答率が高くなっている。

 逆に前年度よりもボーナスが減っているのは、「専門コンサル系」「商社系電気・電子・機械系」「大手SIer/NIer、コンサルファーム、ベンダの子会社、関連会社」「外資系SIer/NIer、コンサルファーム」などだ。大手SIer/NIerでは伸びているのに、その子会社・関連会社ではボーナスが減っているというのは興味深い現象だ。もしかすると利益が親会社に吸い取られるという状況が発生しているのかもしれない。

20100916_2_sier

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火曜日)

お客はいつもわがままで 僕の胃腸に穴があく

【ニコニコ動画】【ボカロ互助会】行け!行け!デスマーチ!!【がくっぽいど】

デスマーチで、

僕の腸に穴があいた!><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月曜日)

昼の薬を飲むお。

B45E1FFD-E6DB-48AC-84D9-644A87C658E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日曜日)

[メモ][難病制度改革]やっと、特定疾患(難病)制度改善の話が表に出てき始めた。

障害の予防に関する意見一覧
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/k_19/pdf/s5.pdf
障がい者制度改革推進会議 第 19 回(H22.9.6) 資料5
3、難病に関して

(1)難病に関する現行法の記載について、どう考えるか

【小川委員】 今後の精査は必要だが、すくなくとも現行法の「予防」という記載は検討が 必要である。

【尾上委員】 1.で述べた通り、現行二十二条-3)の難病に関する施策は、1993 年の障害 者基本法成立の際に、「第三章障害の予防に関する基本的施策」の付け足され る形で、設けられたものである。
難病に関する施策は、決して「予防」だけではないし、ましてや、優生思想 的な色彩が濃い章の中に設けられるべきではないと考える。
保健サービスへのアクセスといった形で、当事者の主体性の下に利用できる ようにすることが必要である。また、制度の谷間を生まない障害の定義を抜本 改正基本法の中に設け、医療や介護、就労に関する支援策等も利用できるよう にすべきである。

【佐藤委員】 1993年の改正時の付帯決議が「難病による障害のある者も障害者であり きめ細かい施策を」(要旨)としていたので、2004年の改正時にはさらに一 歩進めねばならないとの政治的配慮で、こともあろうに「予防」の章に「難病」 を登場させたものと思われる。「政治的」とは、第2条の「障害者の定義」に含 ませると障害者雇用対策など実定法への影響が大きすぎる(予算が増えすぎる)、 しかしどこかに入れたい、ということ。
第2条の「障害者の定義」に、「慢性疾患にともない生活上の支障のある者」 というような表現で「難病」を位置づける必要があると思う。「難病」という行 政用語は特定の限定的な意味があるので、基本法にはふさわしくない。
第2条の「障害者の定義」は、精神的または身体的機能障害に伴い・・・・、 と包括的に規定したいが、日本では行政、事業者、そして当事者団体内部でも 病気と障害の理解が混乱してきているので、誤解による排除をさけるために、 「慢性疾患」を障害者の定義の一部に含める必要があるのではないかと思う。

【新谷委員】 現行障害者基本法が明確な定義規定を置かずに、「難病等」の用語を使用し ているのは立法技術として適切であったか疑問がある。いわゆる「難病」は現 行の56疾患なり、130疾患なりにとどまらず、今後も変化すると考える。 今後検討する「障害」または「障害者」の定義は「難病」又は「難病者」を包 摂するように工夫すべきで、長期疾病(Long-standing Health Problem or Disability)と障害を統合することも検討すべきである。

【関口委員】 難病は、独立条項にすべきである。難病者のために必要な特別な施策を講じ るということではなく、難病者は障害者であり、すべての障害者施策の対象と されること、医療費の公費負担等についてとりわけ考慮することは、難病に関 わらず、すべての障害者の共通の施策とすべきである。

【中西委員】 難病の調査・研究は医療の分野であり、他の先天的障害等を含めて予防法を 作りその中で扱う。 難病を障害の範疇に含め、難病を持つものは障害者としての権利を法律によ って認めるべきである。

【長瀬委員】 制度の谷間を生まないという趣旨から、難病に起因する障害についても当然、 障害施策の対象となることを、定義等の箇所で明記することでカバーできると 考える。

【森委員】 難病を有する人に関しては、障害者と明確に位置付けるべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金曜日)

[初音ミク]をを!もう、『闇プログラマー』の歌が出来てる!

【ニコニコ動画】【初音ミク】 闇プログラマー 【オリジナル】


闇プログラマーは、Twitterで大流行中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone4の無料ケースプログラム

申し込んでたケースが届きました。\(^o^)/

iPhone 4 Case Programは、締め切り期限が、9月30日までなので、手続き忘れてる人は、早く申し込むべし。

8ECBD630-F443-40CD-A3A2-49B5233E8AE3 1BA4852D-EB18-4981-896F-D84D1C1DCCC6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融機関のトップは、

二宮尊徳みたいな人でないといけないのだが、 木村剛さんも期待外れだった。
自分の本( http://psv.moe-nifty.com/blog_1/2008/11/2008-c847.html )に 書いたアドバイスを自分で守らないとような 頭の悪い人だとは思わなかった。_| ̄|○

振興銀が破綻 初のペイオフへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水曜日)

昨日の戦利品

横浜のヨドバシカメラにて購入。

1BBB740B-E63C-4A85-95EB-4D8977D2D11F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつ病や自殺の社会的損失は、こんなもんではござらん。

2009年 自殺やうつ病 推計では、2万6539人に上った69歳以下の自殺者によって、労働者の生涯所得1兆9028億円が失われたと試算。これに医療費2971億円、生活保護費3046億円など、うつ病がなくなることによって減少する給付コストを合計し、09年の損失額を2兆6782億円と見積もった。

昨日、潰瘍性大腸炎の通院日で、横浜に行ったんですよ。

で、帰りに横浜駅の地下街を彷徨いました。
方向感覚狂って、自分がどこに居るか把握出来なくなったんですな。
何度も行ってる横浜駅で迷子ですよ。

うつ病、怖い!\(^o^)/
(私は、うつ病治療中。_| ̄|○)

うつ病になると、何をするのにも時間がかかるようになってしまうので、 その損失も計算にに入れないといけませんな。

うつ病患者でも働いてる人が居ますので、その人の生産性の低下は、 かなりの損失になるハズです。

例えば、時間単価3000円で働いてる人の生産性が三分の一になれば、 一時間に2000円の損失です。

社会全体の損失を考えると、早く、 うつ病患者を増やす原因(http://psv.moe-nifty.com/blog_1/cat7272005/index.html) を無くした方が良いですな。

http://bit.ly/EffectiveUTU
http://twilog.org/EffectiveUTU

うつ病や自殺、過労死の発生源になっているブラック企業は、

       
爆発しろ。\(^o^)/




日本が、itojunさんを失った損失だけで、数千億円以上のはずだ!
http://slashdot.jp/article.pl?sid=07/10/31/0311203
http://www.unkar.org/read/pc11.2ch.net/unix/1193770243

うつ病や自殺は頑張り屋に多いから、社会的損失が物凄い。

優秀な人材を潰しまくってる企業には、国が社会的損失の損害賠償請求をしても良いレベル。

[デスマーチ]IT業界は障害者(精神)製造工場

この社会的損失の負担を企業に負わせる仕組みが無く、国や個人に負担させているから、 日本は、今、活力を失って衰退していっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 4日 (土曜日)

[うつ病][IT業界]NIPPON IT チャリティ駅伝

http://sites.google.com/site/charitymarathonfda/
2010年4月、大会実行委員長であるチャック・ウィルソンによって、 社会的に弱い立場である未就労者を救うために、チャリティマラソン、 NIPPON IT チャリティ駅伝を企画しました。

「あなたの走りが、1人の若者を救います!」


このキャッチフレーズの下、私たち実行委員会ではIT業界有志によって、 本大会を企画・運営しております。

本大会で皆様から頂きます参加費は、うつ病、ひきこもりの方々の 就労支援を行っている NPO法人FDA(Future Dream Achievement) (http://www.fda.jp/)に寄付されます。

NPO法人FDAを通じて、1人でも多くの方々を社会に復帰させることが 本NIT チャリティ駅伝の最大の目的です。

若者を潰しまくってる企業の社長が走るべき!\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

暑い(>_<)

EB2A98A0-45C3-42AE-B924-8B0069A928D2
9月なのに、私の部屋は、30度超え!\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の日本社会では脱落者は復活出来ない。\(^o^)/



わたしゃ、もう、無理にブラック企業で働くと、次は命が危ないしのぉ〜。
(;´Д`)


もう、非正規社員みたいな奴隷階級で働くのは嫌でござる。(つД`)

Google先生やApple様が個人でも収入を得る事が出来るように、今、一生懸命インフラ整備をしてくれているので、 それらを利用させてもらえば、なんとか生きていけるかも・・・と思ってたりする昨今。

ブラック企業に搾取されない生き方を目指すお!

ま、日本がこのまま奴隷制度を維持するのは、そろそろ限界だと思うよ。
一般国民が派遣法は、奴隷制度だというのに気づいちゃったから〜。

特定派遣だけにしておけば、専門職の狭い範囲だったので、一般人には気づかれなかったのにねぇ〜。
(私は、まだ派遣法の規制緩和がされる前から奴隷(特定派遣)として働いていたので、派遣法の問題はよく知ってたけど、一般の人は、派遣会社の実態をよく知らなかったからねぇ〜。一般人が派遣会社に酷い目に遭うようになってから社会問題として認識されるようになりましたね。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 3日 (金曜日)

コロの食事動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水曜日)

パワハラで潰される人が増えたのだろうね。

パワハラ社長がマスコミに褒め称えられる国に なってしまったからなぁ~。

http://d.hatena.ne.jp/PSV/20100825/p2

パワハラ社会、怖いです。ヽ(;▽;)ノ

心の病の社員増えた…企業の4割
(読売新聞 - 08月31日 19:50)

===
 一方、心の病気を抱える社員が多い年代層を複数回答で尋ねたところ、30歳代の48・2%(3・7ポイント減)、20歳代の47・3%(6・1ポイント増)が多く、20歳代では前回調査より増加した。同研究所は「若い社員に即戦力を求める企業が増えている。それがストレスにつながっているのでは」としている。
===

即戦力を求めるのは悪くない。
しかし、鍛えるという名目で行われるパワハラは、大問題。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »