« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月18日 (土曜日)

[メモ]企業の現預金、過去最高200兆円突破 使い途なく積み上がる

企業の現預金、過去最高200兆円突破 使い途なく積み上がる


はて?
これが経団連様の言う資本主義なのだろうか?
資本主義だと現金が余って使い途がなくて困っている企業の法人税を減税するのが正しいのかいな?


しかし、ワシは、不況の原因は「過剰貯蓄」と聞いておったのだがのぉ〜。

自分達で作った不景気は、自己責任で解決して欲しいでござる。>経団連様


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木曜日)

体力作り日記

散歩 1時間


帰宅なう。散歩だん。
posted at 18:14:07

散歩なう。調剤薬局に薬貰いに行く。
posted at 17:17:25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水曜日)

[法人税減税]雇用拡大 経済界は「約束」拒否

◇菅首相、法人減税で雇用拡大迫る=経済界は「約束」拒否
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010121400916


は〜・・・・・。_| ̄|○

経団連、爆発しろ!\(^o^)/







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土曜日)

[デスマーチ][法人優遇社会]私は「うつ病裁判」をどう闘い抜いたのか[小泉・竹中改革]

このありさまでは、働いたら負けと言わざるを得ない

先人の努力で得た労働者を守る制度を簡単に手放し過ぎだ・・・。_| ̄|○

【1】6年経ってもいまだ「うつ療養中」
http://president.jp.reuters.com/article/2010/11/20/DF1237E8-ED42-11DF-95FF-F5EE3E99CD51.php
心理的な負荷も大きかった。ミスがあれば全体に影響するというシステムエンジニアの仕事の特性や納期のプレッシャーに加え、上司の態度が異様に威圧的だったのである。

「休憩時間に疲れて机に突っ伏していると、後ろから椅子ごと蹴られました。ほかの人も寝ているんですけどね。少しでも仕事の能率が悪いとすぐに怒鳴られ、『おまえ、死んでくれ』とキレられることはしょっちゅうでした」

中原さんの席は前方と左右がパーテーションで仕切られ、後方に背中合わせで上司が座る形となっていた。視野をふさがれ、上司の圧力を常に意識せざるをえない形である。

そんな苛酷な環境にいて、なぜ辞めなかったのだろうか。

「私は当時、安定した給料をもらえて幸福な家庭を築けたら100点だと思っている安定志向だったので、職を失うことを極端に恐れていました。一度踏み外したら、二度と『正規ルート』に戻ってこられないような気がしていたんです。それに、私はアルバイトもしたことがなかったので、これが一般的な社会人の働き方だと思っていたんですね」

それでも体調が悪化し生命の危機を感じるようになって、本社にいる新人研修時の担当者に「こんなひどい目にあうのは人間の生活じゃない。何とかしてください」と電話で訴えたことがある。だがその数日後、中原さんは製薬グループの部長に呼び出された。

「おい、これは裏切り行為だぞ。みんな頑張っているのにこんなことをして、恥ずかしくないのか?」

結局、職場の改善などは一切なされず、中原さんは長期休業に追い込まれたのである。

なんという既視感。(つД`)
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

【2】半年で自殺者が2人出た職場
http://president.jp.reuters.com/article/2010/11/21/0D61CB6C-ED44-11DF-AFC8-83E13E99CD51.php

【3】労働時間規制は抜け道だらけ
http://president.jp.reuters.com/article/2010/11/23/0ACB0350-ED44-11DF-8F5C-1BF03E99CD51.php


おい、これは裏切り行為だぞ。みんな頑張っているのにこんなことをして、恥ずかしくないのか?」と言われた中原さんは、多分、この中原さん。(´;ω;`)ブワッ



続きを読む "[デスマーチ][法人優遇社会]私は「うつ病裁判」をどう闘い抜いたのか[小泉・竹中改革]"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金曜日)

[宇宙]『モアーはグッドの敵』なのに…

『モアーはグッドの敵』 http://bit.ly/ep6ebi なのは分かってるのに、

JAXAが貧乏過ぎて、

新型セラミックスラスター
http://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/454/454046.pdf

の実験機を作れず、金星探査機の「あかつき」で実証実験しなくちゃ
ならんという苦肉の策を選ばないといけなかった為に、
こんな事に・・・。(´;ω;`)ブワッ

▷あかつき 燃料タンク圧力急減
http://mainichi.jp/select/science/news/20101210k0000e040069000c.html
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1435026&media_id=2

▷「あかつき」周回軌道投入失敗から見えてくる宇宙工学の受難
あえて“初物”のスラスターを搭載した理由 http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20101209/217480/


「あかつき」の金星軌道投入失敗を税金の無駄使いと叩く人が多いけど、 セラミックスラスターの実証実験も「あかつき」にさせないといけない状況を作ってしまった事を理解して反省しないと…。

これは、工学を軽視する日本社会のあり方が失敗の原因だよ。

日本は、資源の無い国なのだから、日本社会は工学の事を理解しないと…。


さらば工学部」な国がロケット打ち上げれたり、人工衛星を金星まで飛ばせてるのは奇跡。
このままで、今の技術レベルを維持出来ると思っている人は、脳味噌がお花畑だと言わざるを得ない。

日本人は、無形のものの価値を理解しない傾向があるから、今の日本の持つ高度な技術も水や空気のように感じているのかもしれないけど、その技術は、現場の物凄い努力で維持出来てるのを知って欲しい!

【送料無料】いのちの絆を宇宙に求めて

【送料無料】いのちの絆を宇宙に求めて

価格:2,310円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月曜日)

自殺者 13年連続3万人超の公算らしいけど…

日本社会は、上司(強者)なら部下(弱者)に「死ね」と言える暗黙の権利が
存在するという事になっている
からねぇ〜。

上司が部下に自殺を迫るのが、日常茶飯事な社会で自殺が多いのは当然。

今の日本が自殺大国な理由は、この国のヒエラルキーの上層部が
下層なんて死ねばいいのに!」と思っていて、その通りの国に
なっているだけの話。

ちゃんと、ヒエラルキーの上層の意識が反映された社会になって、
この国の偉い人達は、今年の自殺者数にも満足しているに違いない。

という事で、社会人になってもいじめが続く国ですよ。今の日本は…。
いじめは、自殺に繋がる可能性が高い行為なのだから、そりゃ、沢山死ぬよね。

パワハラ自殺が労災として認められるようになったのが、つい最近の2007年ですよ・・・。

それまでは、いじめて自殺させ放題だったわけです。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

パワハラの労災基準が見直されたのは、去年になってやっとだし・・・。
http://psv.moe-nifty.com/blog_1/2009/04/post-9c9f.html

  「上司が死ねと言うから、飛んでみました

という自殺者は多いだろうねぇ・・・。



特に、男性は・・・。

まぁ、”昨年1年間の自殺者数(3万2845人)を下回るペースは続いており、 月別では昨年9月〜今年6月に10カ月連続で前年同期より減少するなどしている”との事なので、 多少は、

   パワハラ規制の効果

が出てきているかもしれないですな。

労働環境を改善すれば、まだまだ自殺は減らせるハズだよ。

労基署がもっと頑張らないと、日本の自殺者は減りませんよ。

自殺予防の予算を労基署強化に突っ込んでみると面白いかもしれんですなぁ〜。

自殺者 13年連続3万人超の公算
 警察庁は6日、今年1〜11月の全国の自殺者(速報値)は、前年同期比4・1%減の2万9105人だったと発表した。月別平均2645人で推移しており、通年ベースでは1998年以降、13年連続で3万人を突破する公算が大きくなった。

 ただ、昨年1年間の自殺者数(3万2845人)を下回るペースは続いており、月別では昨年9月〜今年6月に10カ月連続で前年同期より減少するなどしている。

 1〜11月の自殺者の内訳は、男性が2万499人、女性が8606人だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »