« [メモ][#心臓 ][#ブルガダ症候群 ]KLF15が多過ぎるとBrugada症候群と呼ばれる遺伝性の心調律障害患者に生じる心電図変化が認められる。/概日リズムと心臓突然死との関連を示す分子的機序が明らかに #医療 #健康 | トップページ | [工数のムダ遣い]子ども手当でも児童手当でも名前なんて何でも良いよ…。(;´Д`) 中身 http://bit.ly/zEnktQ の話してよ…。→民主は往生際悪い=谷垣自民総裁 #子ども手当 #教育 #育児 »

2012年3月13日 (火曜日)

たった1個の細胞から増やした大腸の細胞をマウスの肛門から注入して、大腸の傷ついた部位を治すことに、東京医科歯科大学の渡辺守教授らのチームが成功した。炎症やがんの手術で傷ついた大腸を再生するのに役立つと期待される。

世界初、幹細胞1個から大腸修復に成功 クローン病などの新しい治療­につながることも期待 http://bit.ly/zpdkH9

https://www.evernote.com/shard/s36/sh/5050778d-cdd7-49d7-ad63-ff518de493ec/3e72019f9c66976867c16d882ec4e688

チームは、ヒトの大腸組織から上皮細胞を体外で大量に増やす技術も開発している。渡辺教授は「難病に指定されている潰瘍性大腸炎や、肛門付近に穴が開く痔(じ)ろうなどの治療に生かせる可能性がある」と話す。

http://www.tmd.ac.jp/press-release/20120312/index.html
20120316223058

|

« [メモ][#心臓 ][#ブルガダ症候群 ]KLF15が多過ぎるとBrugada症候群と呼ばれる遺伝性の心調律障害患者に生じる心電図変化が認められる。/概日リズムと心臓突然死との関連を示す分子的機序が明らかに #医療 #健康 | トップページ | [工数のムダ遣い]子ども手当でも児童手当でも名前なんて何でも良いよ…。(;´Д`) 中身 http://bit.ly/zEnktQ の話してよ…。→民主は往生際悪い=谷垣自民総裁 #子ども手当 #教育 #育児 »

心と体」カテゴリの記事

潰瘍性大腸炎(UC)」カテゴリの記事

特定疾患・難病・障害者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/54215789

この記事へのトラックバック一覧です: たった1個の細胞から増やした大腸の細胞をマウスの肛門から注入して、大腸の傷ついた部位を治すことに、東京医科歯科大学の渡辺守教授らのチームが成功した。炎症やがんの手術で傷ついた大腸を再生するのに役立つと期待される。:

« [メモ][#心臓 ][#ブルガダ症候群 ]KLF15が多過ぎるとBrugada症候群と呼ばれる遺伝性の心調律障害患者に生じる心電図変化が認められる。/概日リズムと心臓突然死との関連を示す分子的機序が明らかに #医療 #健康 | トップページ | [工数のムダ遣い]子ども手当でも児童手当でも名前なんて何でも良いよ…。(;´Д`) 中身 http://bit.ly/zEnktQ の話してよ…。→民主は往生際悪い=谷垣自民総裁 #子ども手当 #教育 #育児 »