« エネルギー庁の原子力政策課長「(原発依存度の)結論がまとまる前に『脱原発シナリオ』の分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料にはなっても、原子力を維持する材料にはならない」 | トップページ | 【軽犯罪法の乱用】「働けるのに無職で逮捕」に衝撃! »

2012年9月 9日 (日曜日)

原発ゼロなら「江戸時代のような暮らし」というのは、超電導 http://bit.ly/P4vA7X とか原発以外のエンジニアは凄く馬鹿にされてるから怒った方がいいぞ!

"世界で一番安心な原発を作ることが日本の責務" 元防衛相、石破茂さん「どうする?原発」インタビュー




原発ゼロなら「江戸時代のような暮らし」というのは、
超電導 http://bit.ly/P4vA7X とか原発以外のエンジニアは凄く馬鹿にされてるから、工学部出身者は怒った方がいいぞ!

で、石破さん、第二次世界大戦の時の八木アンテナ http://bit.ly/P4AQbY での失敗をまたやりますか?
保守的な考え方で古い物に拘って、新しい技術を受け入れないのは、日本の伝統文化だが…。

敵国が採用した日本の八木アンテナ。(第二次世界大戦)


しかし、脱原発派と原発推進派の両方から、叩かれたり、馬鹿にされまくる
日本のエンジニア階級(士農工商の『工』)…。(´;ω;`)ブワッ

原発事故の件では、日本の理系は針の筵の上で土下座し続けてるのよね…。
おとなしくしてるとフルボッコにされ放題。(´・ω・`) ショボーン

原発推進派も脱原発派もエンジニア集めたガチな技術討論会とはしないのな…。
餅は餅屋なんだけどな〜。

皆、経済学者の話は聞くけど、相変わらず、理系や理工系の論理的な意見は軽視 http://bit.ly/P4AQbY する国家っすな〜。もうヤダ、この国。(´;ω;`)

湯川秀樹先生の忠告無視して基礎研究もせず原発を輸入 http://bit.ly/PS1HIK した時のように、
政治家の理論で原発を扱ったら、また原発は爆発します。\(^o^)/

原発を使いたかったら、基礎研究からやり直して、原子力を本当に自分の頭で理解してからでないと、安全な原発を作れるかなんて判断出来るわけないという理系感覚を文系政治家や経済学者は持ってないから、
今の原発議論は問題の本質と違うところで争ってて、理系感覚的にマジ怖い。((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル


湯川秀樹博士の予言、原発が直面する輸入技術依存のツケ  :日本経済新聞 湯川秀樹博士の予言、原発が直面する輸入技術依存のツケ  :日本経済新聞

 福島第1原発の事故をきっかけに、日本の原発は政策面でもビジネス面でも行き詰まり感が出ている。この現状を半世紀以上前に予見していたのが、49年に日本人として初のノーベル賞(物理学賞)受賞者となった湯川博士である。

 56年に初代原子力委員長に就任した正力松太郎国務相(1885~1969年)の働きかけで、湯川博士は5人の原子力委員の1人に名を連ねた。だが、就任当初から「米国の技術を輸入して5年間で原発を実現したい」と意気込む正力氏に対し、「輸入技術への過度の依存は自主性を妨げる」と湯川博士は強い懸念を示していた。結局、就任からわずか1年余りの57年3月、湯川博士は「神経性の胃腸障害」を理由に原子力委員を辞任した。

 湯川博士は決して反原発の立場ではなかったが、軍事転用の危険性を含め原子力の巨大エネルギーに対する警戒感は人一倍強かった。また、「自主性」を重んじる姿勢は当時の第一線の科学者に共通するもので、湯川博士に続いて65年に日本人2人目のノーベル賞(物理学賞)受賞者となった朝永振一郎博士(1906~79年)も54年に「外国の秘密のデータを教わって、物もついでにもらってやれば早道かもしれませんが、それは限られた範囲のなかでの早道で、日本全体の進歩というのではない」と語っている。

 湯川、朝永両博士が主張した「自主性」とは、自前の技術を生み出す気構えであり、戦後の高度成長期以降「ものづくり立国」を目指した日本の産業技術の道筋を示したものと解釈できる。外国の技術を翻訳するだけでは、装置を動かすことはできても、製品を進化させることはできない。

 現在日本で稼働可能な原発はウエスチングハウス社(WH)が開発した加圧水型原子炉(PWR)、ゼネラル・エレクトリック社(GE)が開発した沸騰水型原子炉(BWR)で、いずれも米国メーカー発祥のもの。日本勢では三菱重工業がPWRを、東芝と日立製作所がBWRをそれぞれ手がけ、さらに06年には東芝がWHを買収して傘下に収めてはいるものの、新型炉の開発など原発分野の重要なイノベーション(技術革新)は今でも米国の企業や研究機関が発信源になっている。

 自前の技術がなければ、イノベーションもない。さらにイノベーションを競う環境がなければ、研究者も技術者も育たない。日本の“原子力ムラ”が安全神話にどっぷりと浸かりリスクに鈍感になった背景には、湯川博士が警鐘を鳴らした「輸入技術への過度の依存」がある。


|

« エネルギー庁の原子力政策課長「(原発依存度の)結論がまとまる前に『脱原発シナリオ』の分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料にはなっても、原子力を維持する材料にはならない」 | トップページ | 【軽犯罪法の乱用】「働けるのに無職で逮捕」に衝撃! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16952/55612979

この記事へのトラックバック一覧です: 原発ゼロなら「江戸時代のような暮らし」というのは、超電導 http://bit.ly/P4vA7X とか原発以外のエンジニアは凄く馬鹿にされてるから怒った方がいいぞ!:

« エネルギー庁の原子力政策課長「(原発依存度の)結論がまとまる前に『脱原発シナリオ』の分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料にはなっても、原子力を維持する材料にはならない」 | トップページ | 【軽犯罪法の乱用】「働けるのに無職で逮捕」に衝撃! »