2013年7月21日 (日曜日)

1999年「四国化工機」(徳島県北島町)から子会社の「植田酪農機工業」(東京都)に出向した男性(当時35歳)がうつ病を患い自殺/「著しく困難な納期を設定し、うつ病を発症させた」として安全配慮義務違反 #裁判 #ブラック企業 #過労死

デスマーチで無理な納期で死にかけてる人だらけな職業プログラマーには有難い判例が


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


頑張って裁判を闘ってくれてありがとうございます。m(_ _)m
そして、亡くなった旦那さんのご冥福をお祈り致します。




 秋信治也裁判官は植田酪農機工業に計約6455万円の損害賠償を支払うよう命じる一方、四国化工機への請求を棄却した。

 判決によると、男性は99年に出向。使用経験がない設計ソフトで機械の改造設計を短期間で行うよう命じられた。この負担で、うつ病を発症し、休職。四国化工機に復職後も、治ることはなく、同年、自殺した。

 秋信裁判官は植田酪農機工業について、「著しく困難な納期を設定し、うつ病を発症させた」として安全配慮義務違反を認める一方、四国化工機については「出向の必要性は認められ、復職後の働かせ方は過度な負担を強いるものではない」などとして、責任はないとした。

 男性の自殺については、労基署がいったんは労災とは認めない決定をしたが、妻が決定を不服として高松地裁に提訴。同地裁の「男性の死は業務に起因する」とした判決を受け、労基署が労災を認定していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金曜日)

B! ワタミは私の地元の商店街に町内会費を払っておらず、そればかりか、会社に所属する非正規社員の雇用保険などの社会保険料を負担していないそうだ/“悪名は無名に勝る”/ネームバリューを高めています/当選は確実 #ブラック企業 #過労死


リンク: 前ワタミ会長・渡邉美樹が参院選で孤立無援になっている - 速報:@niftyニュース.


ワタミは私の地元の商店街に町内会費を払っておらず、そればかりか、会社に所属する非正規社員の雇用保険などの社会保険料を負担していないそうだ。/自民党の候補者は29人。S氏の見立てから考えると、この中の約3分の2が当選する計算だ。/“悪名は無名に勝る”。彼はさんざん叩かれて逆の意味でネームバリューを高めていますから、当選は確実だと思います(苦笑)」(S氏)



続きを読む "B! ワタミは私の地元の商店街に町内会費を払っておらず、そればかりか、会社に所属する非正規社員の雇用保険などの社会保険料を負担していないそうだ/“悪名は無名に勝る”/ネームバリューを高めています/当選は確実 #ブラック企業 #過労死"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木曜日)

うつ病などで労災 30才代以下の若者が半数

20120621213637

相変わらず、できるヤツから潰されるですな〜。

この先の日本を支える優秀な人達から、この世を去っていってるのを放置したままで、この国の価値を高めるイノベーションなんて起きるわけないよね〜。

毎年々々、自殺者を3万人以上も出してるような失政を続けて、直近の10年だけでも30万人以上ものイノベーションの源泉を失ってしまっては、しばらくは利益なんて生まれないし、経済が良くなるわけないですな。

今、大企業が赤字で苦しみまくってるけど、それは、経団連と自民党主導で、イノベーションの生まれる土壌を破壊し尽くす焼き畑農業を推奨して、目先の利益ばかり追求してきた結果。

ま、自業自得だわな。\(^o^)/

税金で公共事業や補助金出したりして、わざわざ、こんなアホな大企業経営者達を助ける必要無しですよ。

若者の自殺を撲滅して、ちゃんとイノベーションを起こせる人材に育てる投資をすれば、20年後に日本の復活はあるかもね。

逆に、このまま若者を殺し続ければ、日本の復活は無いな…。(;´Д`)

これからイノベーションを起こすのは、今の若者なのにな〜。
そこを大切にしなくても景気回復出来るような『銀の弾丸』など無いのにね。
それに気づかない老害達は、ホント、馬鹿ですね〜。

経済学者が吹聴しまくってたお金を右から左に動かすだけで(お金の流れをコントロールすれば)富が生まれるという経済学信仰の『神話』をまだ信じてる老害は爆発しろ!\(^o^)/


うつ病などで労災 30才代以下の若者が半数
http://www.youtube.com/watch?v=PE3aj89nt-w&feature=youtube_gdata_player

20120621213618


Trafficking in Persons Report 2012の白地図版。上から順に青=Tier1、緑=Tier2、... on Twitpic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月曜日)

15時間労働で休憩わずか30分! 入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方:MyNewsJapan http://bit.ly/FPJd5t #労災 #労働 #仕事 #過労死 #自殺 #メンタルヘルス #ワタミ #和民

15時間労働で休憩わずか30分! 入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方:MyNewsJapan15時間労働で休憩わずか30分! 入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方:MyNewsJapan 15時間労働で休憩わずか30分! 入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方:MyNewsJapan

私は、何度も過重労働で倒れてるけど、
日本は、過労で病院行って http://bit.ly/9zY4ey http://bit.ly/xnVUUa も労災の「ろ」の字も出ない労働信仰の強いエコノミックアニマルな国だからね。

日本の医療費を激増させて社会保障の破綻を加速させてるのは、このようなブラック企業ですよ。
消費税上げる前に過労の医療費は労災として厳格運用にしろって!

こういう会社の経営者が政治家になれそうな勢いなんだから、
日本ってのは、
恐ろしい国ですわ…。((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

労災隠して健康保険や傷病手当金を使わせるのは違法です。(キリッ



企業による労基署買収の実態→夫はなぜ 死んだのか 過労死認定の厚い壁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土曜日)

技術者養豚業 #IT業界 #AndroidJp #プログラマー #SE

ある人のつぶやき
 ↓
> 人身売買もここまで来たか…
>
> http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=93703


逆に、本当に二ヶ月で育て上げられるなら、なかなかのイノベーションかもね~。

育てた人材を貸す(派遣)のじゃなく、ちゃんと売り渡す(就職)みたいなので、特定派遣ヤクザより全然良いと思うけど…。

特定派遣がヤクザが麻薬でシノギを得る時みたいな逃げられないようにして永久に搾取を目指す奴隷レンタルビジネスより、純粋な奴隷販売ビジネスの方が同じ奴隷でも後者の奴隷の方がQoL(Quality of Life)は高くなると思われ。

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=93703




 一般閲覧数:14件 記者興味閲覧数:調査中 媒体掲載数:調査中 印刷用

 会社名/団体名


パートナーズ株式会社

 ジャンル


その他サービス

 カテゴリ


告知、募集

  プレスリリース配信日時


2012年03月16日 19時

 プレスリリースタイトル


【素人から2ヶ月でアプリの技術者として働ける!!】就職希望者の支援を目指し『アプリ技術者育成支援プロジェクト』を発足。無料で受講できる特待生制度の開始にあたり、3月23日に第2回説明会を開催いたします。

 プレスリリース要約(全角150文字以内)


本気で就職を考える方の支援を目指し『アプリ技術者育成支援プロジェクト』を発足。受講料ゼロで素人から2ヶ月でアプリ技術者として働けるレベルまで育成し、就職まで一手に支援を致します。3月23日に説明会を開催。

 プレスリリース本文


3月16日(金)
パートナーズ株式会社

中小企業の経営支援を行うパートナーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:福岡寛顕)は、企業の優秀な人材獲得を支援する株式会社プロフェッショナル・ブレインバンク(本社:東京都港区、代表取締役CEO:北村 昌博)、アプリ技術者の育成を行うCLINKS株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河原浩介)と共同で『アプリ技術者育成支援プロジェクト』を発足し、本気で就職を考える方が無料で受講から就職までできる特待生制度を開始致しました。4月開講にあたり前期説明会を本日3月16日に実施。好評につき後期説明会を3月23日に行います。

●『アプリ技術者育成支援プロジェクト』とは
本気で就職を考える未就職の方を応援する、アプリ開発技術者としての教育から就職支援までを一手に行うプロジェクトです。
企業におけるアプリ技術者のニーズは刻々と高まる傾向にあります。しかし「自社の風土に合い、かつ技術力を持つ人はなかなか見つからない」という本音も同時に企業から寄せられています。新しいアプリ技術者という分野で働きたい人と、優秀な技術者を確保したい企業とを結びつけることによって、雇用問題の解決を目指します。

●仕組み
受講料をプロジェクト側で負担し、特待生として講義に入ります。2ヶ月間集中的に受講し、アンドロイドアプリ技術者として働けるレベルにまで育成し、準即戦力として企業への就職斡旋を行います。通常のコースの講義に加えてハードルを高めに設定した定期試験などを行い、叩き上げていきます。受講生は修了後、プロジェクト側のエージェントと共に技術職としての就職を目指します。

●説明会日程
前期説明会:3月16日(金)13:00~(本日)
後期説明会:3月23日(金)13:00~
場所:東京都中央区日本橋人形町1-11-2 川商ビル2F
※説明会当日には、入学適性試験および面談を実施いたします。

●募集対象者
・本気で就職を考えている方
・28歳未満の方(今後変更する可能性もございます)
・講義にPCを持参できる方

●募集案内
FACEBOOKページ
http://www.facebook.com/appli.lab
※詳細の閲覧にはFACEBOOKアカウントが必要です

●お申込み直通ページ
http://www.p-inc.jp/appli

●運営会社
パートナーズ株式会社
東京都中央区日本橋茅場町3-11-10 千葉ビル11F
代表取締役 福岡 寛顕
TEL:03-3808-0768/FAX:03-3808-0778
URL:http://p-inc.jp/

株式会社プロフェッショナル・ブレインバンク
東京都港区虎ノ門1-1-23 ウンピン虎ノ門ビル5F
代表取締役CEO 北村 昌博
TEL:03-5521-8761/03-5521-8763
URL:http://www.probank.co.jp/

CLINKS株式会社
東京都中央区日本橋人形町1-11-2 川商ビル2F
代表取締役社長 河原 浩介
TEL:03-5847-1167/FAX:03-5847-1168
URL:http://www.clinks.jp/

 添付資料(画像、ワード、PDFファイル)

添付資料

 パートナーズ株式会社のプレスリリース一覧

 配信日時
タイトル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金曜日)

東電社員「エリート社員の中には、我々技術部門のことを“電気屋さん”と呼んで馬鹿にしていた人もいた」 - http://bit.ly/yqTHGC #東電 #東京電力 #TEPCO #原発

日本では、技術者は、どこに行っても軽視されてるから、東電を辞めても技術者を続ける限り、 日本には安住の地は無いですよ。(´;ω;`)ブワッ

まだ身体を壊してない健康体ならば、エンジニアは、技術を持って海外へ脱出するのが昨今のトレンドですよ〜。

大企業が日本から出て行く詐欺を繰り返してる間に、実際には技術者の方が先に日本から出て行っちゃってますよ〜。

腕に職がある人に国境は関係ないからね〜。


東電社員「エリート社員の中には、我々技術部門のことを“電気屋さん”と呼んで馬鹿にしていた人もいた」 - Google 検索 http://bit.ly/yqTHGC

東電30代技術者「元東電社員となれば雇ってくれる場所ない」 - 政治・社会 - ZAKZAK 東電30代技術者「元東電社員となれば雇ってくれる場所ない」 - 政治・社会 - ZAKZAK


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火曜日)

本気でパワハラを抑制したければ、さっさと懲罰的損害賠償制度を導入しろって!→上司への行為も パワハラ定義…厚労省

ドイツ法ベースの法体系な日本新自由主義を持ち込んでフリーダムにし過ぎてパワハラとかによる自殺が増えたわけだから、
コモンローアメリカみたいに懲罰的損害賠償制度を導入するのが対策としては正解な気がするのだけどね。

まぁ、でも、今まで無法地帯だった密室な職場の問題に手をつけようという方向性が生まれてきたのは良い事だと思うです。

今の日本の労働環境の腐りっぷりは酷いので、この程度の事で解決出来るとは思えんけどね…。

■簡単過ぎる仕事、私生活介入もパワハラ…厚労省
(読売新聞 - 01月30日 18:50)
簡単すぎる仕事もパワハラ…厚労省部会が定義 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 簡単すぎる仕事もパワハラ…厚労省部会が定義 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1895903&media_id=20


 職場でのいじめや嫌がらせについて議論する厚生労働省の作業部会は30日、職場でのパワーハラスメントの定義を明確化する報告書をまとめた。

 同省が職場のパワハラを定義づけるのは初めて。企業などに予防・解決のための指針作りや相談窓口の設置などを求めた。

 報告書では、職場のパワハラを「同じ職場で働く者に対し、職務上の地位や人間関係などの優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的な苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為」と定義。上司から部下への行為だけでなく、同僚同士や部下から上司への行為も含まれるとした。労働相談などに、年上の部下や、高いパソコン技能を持つ部下からの嫌がらせに関する内容があったことを踏まえたという。

 さらに、〈1〉暴行など「身体的な攻撃」〈2〉暴言など「精神的な攻撃」〈3〉無視など「人間関係からの切り離し」〈4〉実行不可能な仕事の強制など「過大な要求」〈5〉能力とかけ離れた難易度の低い仕事を命じるなど「過小な要求」〈6〉私的なことに過度に立ち入る「個の侵害」――を職場のパワハラの類型として示した。

続きを読む "本気でパワハラを抑制したければ、さっさと懲罰的損害賠償制度を導入しろって!→上司への行為も パワハラ定義…厚労省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土曜日)

これは『お客様は神様です!』と主張するモンスター顧客が減らないせいです。モンスター顧客には、よくわからないエラーは『仕様です』と言え!Everythingッッ! http://bit.ly/yP6x73 (`・ω・´)シャキーン

「無理です、ダメです、できません」+「仕様です」で済ませないように・・・:田中淳子の”大人の学び”支援隊!:ITmedia オルタナティブ・ブログ 「無理です、ダメです、できません」+「仕様です」で済ませないように・・・:田中淳子の”大人の学び”支援隊!:ITmedia オルタナティブ・ブログ


こういうコンサルの話を鵜呑みにした人達が、
デスマーチを生み出すんだよな〜。(;´Д`)



これは、ユーザー企業など顧客が、今までSEやプログラマーに対してどんな仕打ちをしてきたのかを反省しないと解決しない問題ですな。

お客様は神様です!』と思ってる輩が、
増えすぎなんだよー!(´;ω;`)ブワッ

お客様は神様です!』と主張するモンスター顧客が増えれば、当然、サービス提供側に防衛反応を示す人が増えるのは、市場原理として当然の現象ですよ。


モンスター顧客が減れば、『仕様です』と言って自己防衛するエンジニアも減りますよー。

モンスター顧客に甘い顔をすると大赤字になるから、ちゃんと防衛本能を働かせないと会社を潰す事になるです。


IT業界の現実を知っている真っ当なコンサルタントなら、
こんな事は言わない…。(;´Д`)
現実を知らないなんちゃってコンサルタントが多くて、
怖いな〜。((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル
(世の中、真っ当でないコンサルタントの方が多いので、ダメコンサルに高いお金を払って話を聞くぐらいなら、トム・デマルコ先生ワインバーグ先生のような真っ当なコンサルタントの書いた本を読んだ方が良いですよ。)


まぁ、『IT土方の生き残り方』に書かれてように無能なふりをすれば、生き残れるのは分かってはいるが・・・、 技術者(エンジニア)の本能として、 目の前の問題を技術的に解決したがる習性があるので・・・、 炎上してるプロジェクトを目の前にすれば、本物の技術者(エンジニア)ならば、 当然、それに挑戦したがるのである・・・。

日本では、この技術者(エンジニア)の本能を経営層に上手く利用されてるだけの罠・・・。

合掌。(-∧-;) ナムナム

日本で、技術者(エンジニア)として生き残りたければ、この本能を殺すしかないのぉ・・・。
(´・ω・`)ショボーン

それが簡単に出来てれば、こんなボロボロになるほど、身体を壊してないな・・・。(つД`)>私




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木曜日)

デスマーチ禁止法が出来るかもしれん!署名せねば!!!

過労死防止基本法制定へ 「100万人署名」目指す - MSN産経ニュース 過労死防止基本法制定へ 「100万人署名」目指す - MSN産経ニュース


をを!これは!!

すばらしい!

ついに念願のデスマーチ禁止法が出来るのか!?

これは、署名せねばばばばばば!

20111124225854

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金曜日)

[ #原発 ][ #経済 ][ #請負 ][ #派遣 ][ #人材ビジネス ]下請け原発作業員に“中間搾取” 日当、10万円が8千円に





これは、ITゼネコンの世界も同じだからなぁ〜。(;´Д`)

<IT業界のグランドデザインを問う SIerの憂鬱>第6回 派遣ビジネスの源流をたどる | BCN Bizline <IT業界のグランドデザインを問う SIerの憂鬱>第6回 派遣ビジネスの源流をたどる | BCN Bizline

■大ボラは成功の始まり

 1970年代、コンピュータ業界はIBMシステム/370を中心とする大型汎用機(のちに「メインフレーム」と称される)が一気に全盛となっていた。システムを作るには大量のプログラマが、運用するにはこれまた多くのオペレーターが必要とされた。一方、大手企業はコンピュータ・システムを労働問題に発展させたくなかった

 外部の別会社にデータ作成やプログラミング、オペレーションを発注すれば、労働問題を抱え込まずに済む。コンピューターサービスはこのニーズを吸収した。人さえ確保すれば仕事が受注でき、会社は利益をあげることができる。要員派遣というビジネスが成立した。

 「人を集めるには、会社が注目されな、あかん。注目されるには、ホラも吹かな、あかん。ホラも吹いとるうちにホンマもんになる。大ボラは成功の始まりや」

 会社に人目を集めるため、大川氏は裏地に龍を刺繍したきらびやかなスーツをまとうようになった。オフィスに毛足の長い絨毯を敷き詰め、新卒採用の新人研修をグアム島で行い、「大川イズム」を詰め込んだ語録を暗誦させ、ことあるごとに「上場一番乗り」「売上高1000億円」といった目標を口にした。それは従業員を教義と現世利益でつなぎとめる手法だった。

■脱派遣のジレンマ

 「情報サービス業=装置産業」を目指したインテックの金岡幸二氏、「ソフト業=情報システムの設計事務所」を理想とした構造計画研究所の服部正氏らは、コンピューターサービスの急成長を苦々しく感じていたに違いない。陸軍飛行学校出身、東大卒、日本計算センター会長の経歴を持つ金岡氏から見れば、大川氏は「何ごともカネ、カネ、カネ。儲かってナンボの浪速商人」でしかなかった。

 1974年1月、東京で開かれたソフトウェア産業振興協会(ソフト協)の賀詞交歓会で、会長の服部氏は挨拶のなかで、「この業界には多彩な企業がある。しかし看護婦しかいないのに病院を名乗るのはいかがなものか」と述べた。それを聞いていた大川氏は憤然と会場を後にし、以後、業界活動に参加しなくなった──という逸話がある。服部氏の指摘が大川氏の痛いところを衝いたのは言うまでもないが、憤然と退席したのは、当の大川氏も現状に忸怩たる思いがあったからに違いない。

(snip)

 コンピューターサービスの成功は、大川氏にとどまらず業界の成功体験として認識され、後続の多くのソフト会社が大川流」を真似た。そのとき当人の関心は派遣ビジネスでも自分の後に続く同類のソフト会社でもなく、独自の技術に立つベンチャーの育成だった。業界はジレンマを抱え込んだのだ。そのこともまた、「今太閤」の名に相応しい。

[IT業界]下請けの生産性: PSVのまた〜り日記


開発者をカンヅメにしてシバいてでも作らせれば良いと思っている経営者や管理職ばかり見てきたわけだが・・・:
PSVのまた〜り日記


 昔,「行き詰ったプロジェクトを立て直す」というテーマで取材したときに,ある大手システム・インテグレータで聞いた話だ。そのインテグレータで,火を噴いたあるプロジェクトをどうリカバリしたかというと,「外注先にものすごく生産性の高いプログラマがひとりいて,そいつをカンヅメにして,わんこそばのように仕様書を次々と渡して一気に作らせた」のだという。それほど優秀なプログラマも,大手インテグレータにスカウトされたりはしなかった。大手の社員になるか下請けになるかは,新卒入社時に決まる身分制度のようなものだからだ。


今は、日本中、こんな感じよ…。

とにかく、日本って国は、現場の人間が報われないように出来てるのですよ。

この機会に、日本の社会システムを徹底的に見直さないと…。
こういう多重下請け体質を直さないと、原発事故の危険は、まだまだ続くよ…。
これは、問題が起きた時の責任の所在を曖昧にする為にやってるのだから、下流工程へ丸投げ体質の業界の上流の人達は、とにかく責任感が無いですので、何度でも同じ失敗やるよ…。

日本人の現場(下流)軽視の伝統が続く限り、
原発の再稼働なんて怖くて認められない。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



ありえない!原発作業員の日当8000円の過酷な労働事情 - NAVER まとめ ありえない!原発作業員の日当8000円の過酷な労働事情 - NAVER まとめ






請負契約、(準)委任契約、派遣契約についてメモ
20110807172308


下請け原発作業員に“中間搾取” 日当、10万円が8千円に - 47NEWS(よんななニュース) 下請け原発作業員に“中間搾取” 日当、10万円が8千円に - 47NEWS(よんななニュース)
 6月に調査した渡辺弁護士によると、下請けの地元業者が「日当は1人約10万円が出ている」と証言。この業者の場合、15%の手数料を取り、作業員の手取りは最終的に1万~1万数千円になり、若い人は8千円になることも。

 いわき市の市議は「多くの労働者が中間搾取されている」と話し、待遇改善を訴えた。





ピンハネ率93%・核燃料プールに潜る外国人労働者-重層的下請構造で使い捨てられる福島原発労働者



20110807022750
【労働環境】ピンハネ率93%・重層的下請構造で使い捨てられる福島原発労働者 [11/08/06]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1312644663/
http://yomi.mobi/read.cgi/bizplus/toki_bizplus_1312644663/






 また第1原発で4月に4日間、放射性物質で汚染された水をためる施設で働き、計16ミリシーベルト被ばくしたという男性(56)も参加。「安全と信じてきたが、何て危険だったのか」と話した。

 男性は下請け会社の下で働き、日当は1万8000円だったが、個人事業主の「一人親方」として扱われ、社会保険に入れてもらえなかった。「なぜ、こんなに少ないのか。もう少し払ってほしい」と求めた。(共同)




【コラム】「ピンハネ」は日本の美しい文化である (J-CASTニュース “会社ウォッチ29歳の働く君へ” )[11/08/10]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1312942342/
http://yomi.mobi/read.cgi/bizplus/toki_bizplus_1312942342/
一次受けは、通常は大手と資本関係のあるグループ企業か、中堅の企業が引き取るものだが、当然ここにも肉食系の皆さんはやってくる。だから、一次請けはさらに別の会社に外注することになる。
こうして、時間と共に、コンプライアンス精神に富む企業は、下へ下へと仕事を流していくことになる。そして、ある段階で、この流れはピタリと止まる。従業員2、30人程度。プレハブの事務所一つに、携帯電話で労働者をかき集めるような零細事業者が、最後に仕事が落ち着く先だ。
ここまでは、さすがの肉食系の皆さんもやってはこないし、解雇された労働者も訴えることはまずない。訴えたところで金などないと分かっているからだ。
要するに、“〇次請け”のようなしちめんどくさい階層構造というのは、誰が見ても
「まあ、この会社ならクビになっても賃下げされてもしょうがないよね」
と納得してしまうようなスケールの会社に、仕事およびリスクを細分化するためのブラックボックスみたいなものである。そして、その手の説得力のある会社に、時に反社会的な方々が入り込んでしまうのもまた事実である。


  なぜ10万円の日当が8000円になってしまうのだろうか。東京電力広報によると、
「1人当たりに用意する日当の金額は公表できませんし、また、作業員が受け取る金額については、下請け会社と作業員の契約のためこちらではわかりません」
ということだった。









東電16%超値上げも 赤字続けば公的資金投入 - SankeiBiz(サンケイビズ) 東電16%超値上げも 赤字続けば公的資金投入 - SankeiBiz(サンケイビズ)

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1312955620/
http://yomi.mobi/read.cgi/temp/toki_bizplus_1312955620/
 海江田万里経産相は「国民負担を極小化する」とし、安易な値上げは認めない考えを示している。ただ、現行の料金制度では、「東電から燃料コストの増加分を転嫁する抜本改定の申請があれば、認めざるを得ない」(経産省関係者)という。

チェルノブイリ 原発事故処理作業員「ジャンパー」が助言 「状況熟慮し理性的に」

 ジャンパーとは、跳びはねるように危険な場所から瞬間移動する能力を持つ者という意味でこう呼ばれている。チェルノブイリ原発事故では、約800人のジャンパーが動員された。東電は現在、原発技術者などをあっせんするバートレット・ニュークリア社(米マサチューセッツ州)を通じて、まず10人のジャンパーを募集。求めているのは原子力産業の経験者で、ロイター通信によると5000ドル(約42万円)の日当を保証しているとされる。








3・6シーベルトの現場写真を公開 ▽福島第1原発 東京電力は5日、福島第1原発で、毎時3・6シーベルトという高い放射線量を測定した1、2号機の主排気筒下部付近の画像を公開した。


【地震】福島第一原発 吉田所長がビデオで謝罪……現場の様子を公開 | RBB TODAY (エンタープライズ、企業のニュース) 【地震】福島第一原発 吉田所長がビデオで謝罪……現場の様子を公開 | RBB TODAY (エンタープライズ、企業のニュース)

















原発作業員 143人所在不明 NHKニュース


福島第1原発:東電、水素爆発予測せず ベント手順書なし - 毎日jp(毎日新聞) 福島第1原発:東電、水素爆発予測せず ベント手順書なし - 毎日jp(毎日新聞)


冷却装置停止 所長ら把握せず NHKニュース 冷却装置停止 所長ら把握せず NHKニュース

福島第一原発1号機では、すべての電源が失われても原子炉を冷却できる非常用復水器と呼ばれる装置が備えられていて、地震発生直後に起動しましたが、11日午後6時半ごろからおよそ3時間にわたって運転が止まっていたことが分かっています。この理由について、東京電力の関係者が政府の事故調査・検証委員会の調査に対し、「復水器が起動していれば発生するはずの蒸気が確認できなかったため、1号機の運転員が復水器の中の水がなくなっていわゆる『空だき』になっていると疑い、装置が壊れるのを防ごうと運転を停止した」と証言していることが分かりました。安全上重要なこの情報は、当時、免震重要棟で指揮をとっていた福島第一原発の吉田昌郎所長ら幹部には伝わらず、非常用復水器が動いているという前提で対策が取られていたことも分かり、吉田所長は「重要情報の把握漏れは大きな失敗だった」という認識を示しているということです。

(snip)

非常用復水器の停止を吉田所長ら幹部が把握していなかったことについて、原発の安全対策に詳しい東京大学大学院の岡本孝司教授は「非常用復水器が動いていないということは、原子炉の冷却機能がすべて失われていることになり、何が何でも炉心を冷やさなければならない状況だった。幹部に情報が伝わらず結果として注水の指示が遅れて事態が悪化した可能性がある」と述べました。そのうえで、「原子炉が冷却できていたかどうかは非常に重要な情報であり、幹部に正しく伝わっていなかったとすると、政府にも伝わらず、避難などの対応の遅れにつながった可能性もある」と指摘しました。


事なかれ主義で超保守的な東電の偉い人達が、またデスマーチを産んだのか!(怒) この図式は、電力系の下請案件を経験してるITエンジニアにはデジャヴ。東電から見たら、首相もIT土方も同じか…。下請PMな菅さん、乙!


20110808181540

加藤 続いての質問はどちらというと日本と米国の勤務形態や労働契約の違いに関して現れていると思います。米国のプロジェクトマネジャーがハイリスク/ハイリターンな状況で働いているのに対し、日本のプロジェクトマネジャーは米国に比べるとローリスク/ローリターンのイメージがあります。このあたりをどのように感じていますか?

ヨードン 別に日本のプロジェクトマネジャーが非常にローリスクだとは思いません。先ほどの携帯電話のプロジェクトのように非常に短期間で開発しなければならないというプレッシャーを受けているということを考えるとやはりハイリスクだと思いますが。

加藤 別な言い方をすれば日本のプロジェクトマネジャーには大きなペナルティがないということです。米国であればプロジェクトに大きな問題が発生したり、リリースした製品に問題があったりすれば、プロジェクトマネジャーが解雇されたり、減棒されたりなどは当然だと思いますが。日本ではそうした話をほとんど聞きません。

ヨードン 結果によって、解雇されるなどは確かにそうで、まあ、日本人と米国人の違いですね。ハイリスクならハイリターンが当然というのもありますが。わたしの意見としては、日本人は日本文化の影響からどちらかというと均一的で、米国人はさまざまな人種、国籍、バックグラウンドからなる米国の多様な文化からさまざまな選択肢があり、人それぞれ気楽と感じるものが異なっているからだと思います。それによってリスクもリターンも考え方も変わってくるということでしょう。この考え方はデスマーチプロジェクトにも影響しています。たとえ、デスマーチプロジェクトが発生することを期待しない企業や人々であっても、それを避けられないことがあります。現在の米国の自動車産業がそうです。現在非常に厳しいデスマーチプロジェクトを強いている米国の自動車産業ですが、10年前であればビジネス戦略などでデスマーチプロジェクトは避けられたように思います。しかし、さまざまな日本車メーカーとの競争が発生している現在ではもはや避けられないということです。



デスマーチの種類をの4つの分類に分ける
デスマーチの種類をの4つの分類に分ける




続きを読む " [ #原発 ][ #経済 ][ #請負 ][ #派遣 ][ #人材ビジネス ]下請け原発作業員に“中間搾取” 日当、10万円が8千円に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧